2017年06月26日

グローブ洗濯中

じわじわと、しかし確実に気温が上昇している6月下旬。
これからしばらくはメッシュグローブの出番となりますので、収納前に春秋用のグローブを洗濯しました。
17062502.jpg

このグローブ、マジェスティSを買った時に購入して、真冬と真夏以外は通勤で毎日使用。その後R3でも引き続き使っていたのでかなり汚れていたのです。

使った洗剤は、グローブのメーカーが出しているレザー専用ソープ。
17062501.jpg
近所のナップスで500円でした。

洗い方は洗剤の説明書きにある通りで、洗剤を少量投入したぬるま湯にグローブを15分ほど浸しておき、それからもみ洗いをしてしっかりとすすぐ、と。後は形を整えてから陰干しです。
だいたい乾いたらラナパーを軽く塗って、再度陰干しして完了。
秋にはまた快適に使えるでしょう。

ちなみにこのJRPの春秋用グローブ、手のひら側にディアスキン(鹿革)が使われている高級品。
JRPと言えば国産にこだわるグローブ専従メーカーで値段もそこそこするのですが、使用感はさすがにとても良くて、私は夏用のメッシュも真冬用もJRPで統一しています。
個人的意見だと、バイクに乗っている時の気持ちよさというのは、バイクそのものよりも、むしろヘルメットやジャケット、グローブやブーツといった細々した身につける物が左右する場合が多いように思います。

良いものを適正な値段で購入し、手入れしながら長く使う。
今の日本で失われかけている大切なことなのではないかしら。
posted by Kei at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

2ヶ月経過-1

YZF-R3が納車されて2ヶ月経ちました。
今日までの走行距離は約1,300キロで、慣らしも完全に終わり、人間の方もだいぶバイクに慣れてきたところです。
で、このタイミングで備忘録的に、一度私のR3に対する印象に少しずつ触れてみましょう。
ちなみに私のバイク歴はVTRとスクーターのマジェスティSだけですから、あまり情報として良質とは言えないことは事前に申し添えておきます。

まず全体の印象ですが、一言で言うとライトウェイト・ツアラーですね。
車体は軽く、フラットで扱いやすい動力性能、よく切れるハンドル角含めて優しい操作系、前傾すぎないライポジ、そしてフルカウル。
まぁツアラーを名乗るには積載性が全くダメですが、それは個人でキャリア付けるなりパニア付けるなりで工夫しなさいってことでしょう。そもそも原産国のインドネシアではプレミアムなスポーツバイクという立ち位置ですし。
それでいくと、国産のこのクラスのフルカウル車って、みんな似たような素性だから性格も似てるよな。
R3の兄弟車であるR25しかり、カワサキのNinja250しかり、スズキのGSX250Rしかり。途上国では高級なスポーツバイクではあるけれど、同時に日常の道具としても使われるから、そこも重視した設計というか。ホンダの新しいRRはちょっと生い立ちが違うけど。

ライトウェイトと言えば値段もライトなのですが、実際各部を仔細に見ていくと、あちこち安っぽいのはご愛嬌。若干隙間が垣間見えるカウルの継ぎ目とか、表面に出ているネジ類の頭の愛想のなさとか。
特にブレーキペダルは、いかにも「プレスでブチ抜きました」感丸出しで、バーベキューセットのトングを連想させます。スーパーカブでももっと良いのが付いてるんじゃないか?
ま、実際安いから仕方ないんでしょうな。

320ccという排気量についてはネット上でも様々意見があるようです。
R25の250ccからたった70ccアップで車検がありますからね。中途半端と言われても仕方ないでしょう。
逆に私は昔からこの感じが好きなんですよね。悪く言えば中途半端ですが、良く言えばマルチパーパス。戦闘機ならホーネット。モビルスーツならガンキャノン。
で、実際の70cc差ですが、私はR25に乗ったことがないので正確なところは何も言えません。
ですが昔乗っていた規制前のキャブ仕様VTRの記憶と比べても、全ての回転域で当然力は上に感じます。
街中なら、「250ならここは2速だろうな」というシーンでも横着して3速でどうにかなったり、5速のまま40キロぐらいから何事もなくスルスル加速できたり。とにかく良くできたエンジンで、本当に運転が楽です。
もちろんパワーウエイトレシオやトルクウエイトレシオに関しては、大型はもとより400ccクラスにも劣っていますから過度な期待は禁物ですが、長時間の高速道路走行以外なら私には特に不満もありません。

ハンドリングは予想以上にスタビリティ重視と言うか安定志向。
見た目からしてもっと軽快にヒラヒラするかと思ったら、車線変更やコーナーの切り返し時、多少「よっこいしょ」という感じが無きにしも非ず。
じゃあダルなのかと言えばそんなことはなく、旋回率自体は悪くないと思います。そしてコーナリング中に怖さがあまりない。まるで「もっと曲がれまっせ」とバイクが言っているように。
ま、私はあまりワインディングが得意ではないので、ここらあたりのインプレはあまり参考になりますまい。
ちなみに低速でのコントロール性は抜群。
Uターンも楽々で、知らぬ間に自分が上手くなったような錯覚を覚えます。

てなわけで全体の大まかな印象はこんな感じ。
次の機会は細かい点を拾っていきましょう。
posted by Kei at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

梅雨はHuluに

今日は一日天気が悪いという予報だったので、久々にHulu三昧しておりました。
先日から『クリミナル・マインド』のシーズン10が配信されていますので、一気に10話観てやりましたよ。

しかし、このドラマも息が長いな。
ホッチが脚本家を蹴ってクビになり、モーガンが自分から降板を申し出た、などニュースでは聞いていますが、シーズン10ではまだ両者とも出演しています。
てか、脚本家蹴っちゃダメだよね。
脚本家協会ってさあ、ムニャムニャ…。

さてこのドラマ、よく出来てるんですが、ツッコミどころも多いんです。
そもそもFBIのプロファイラーってのは地元警察への捜査アドバイスが仕事なのに、直に現場を見るだけならともかくSCIもどきに証拠の収集はするわ、聞き込みや事情聴取はするわ、テレビカメラの前で記者発表はするわ、挙句に拳銃振り回して容疑者の家に突入するわで、もうやりたい放題。

そんなスーパーマンな捜査官なんていませんから。
てか、自治意識の強いアメリカで連邦の捜査機関がそんなワンマンな活動なんてしたら大ごとだよ。

あと、なんでしょう。
いくらアメリカでも、そんなに大勢、連続殺人犯はいないだろ?
(まぁそれ言い出すと、警察ドラマなんて全て成立しませんけど)

なんて文句は言いますが、確かに面白くて観てしまうんです。
でもあれだよね、人によっては観た後に気分が沈んでしまうかもね。
日本だと、差別を助長しかねないとかで地上波放送は多分無理でしょう。
理由はまぁ、ここではあえて触れませんけど。

これ観終わったら次は何を観ようかなぁ。
posted by Kei at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

リベンジ・フォー・カップラーメン

先週食べられなかったカップラーメンを食べてきました。
17061001.jpg

真っ正直に言えば、わざわざガソリン使ってバイクで出かけて野外で食べる必要なんてじぇんじぇんなくて家で勝手に食えばいいのですが、いや、そこの君、それを言っちゃあおしめーよ。

今週は疲労が激しかったので昼からのそのそと起き出してから荷造り。
そしていつものダム公園の東屋に到着。
17061002.jpg

早速支度をして湯を沸かします。
今日は米軍式のキャンティーンセットにて。
17061003.jpg

湯を沸かしていると、カワサキ車に乗ったオジさんが(俺もオジさんだけどな!)「ラーツーってヤツですか?」と笑顔で話しかけて来られました。
それをキッカケにしばらくツーリングスポットについて会話をしていたのですが、この方、湯が沸いたと見るや「では楽しんで!」とサッと身を引くあたりの押し引きというか相手を思いやるコミュニケーション能力はただ者ではありません。
おそらく職場ではそれなりの地位にいるんじゃないかな。

ラーメンを食べた後はカロリーメイトをかじりながらコーヒータイム。
17061005.jpg

さあて目的も果たしたし、では出発しますかね。

と思ってパッキングをしていたら、以前も見かけた人懐っこい猫さんが。
お前来るのが遅いよ。
17061004.jpg
残り物のカロリーメイトをやるの図。
(カロリーメイトなんてやって大丈夫なんだろうか?)

この猫、この東屋あたりに住んでるんですかね?
食った後はそこら辺でくつろぎ始めました。
17061007.jpg
機会があったらまた会おう。
アデュー!
posted by Kei at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

周防大島一周

山口県柳井市沖の瀬戸内海に周防大島(すおうおおしま)という島が浮かんでいます。
本州とは橋で結ばれていますので、バイクでも気軽に渡ることができるんですね。
というわけで、今日は周防大島を一周してきました。

広島市内から国道2号で山口県へ。
岩国市内で188号に分かれて大島大橋まで海沿いをひた走り、大島大橋を渡れば周防大島です。
まずは島の北を回る437号で東進しますが、この島、とても道が走りやすくて気持ちいい。
しかも左手には瀬戸内海の多島美風景が常に広がっています。
快晴の青が海面に反射し、その美しさったら。
17060406.jpg
おいおい、広島から日帰り圏内で気持ちのいい道がいっぱいあるもんだな!

途中でコンビニに寄ってカップラーメンを購入しただけで、東の端っこにある目的地に到着。
今日はお湯を沸かす道具を持ってきているので、どこかで景色を楽しみながらラーメンを食べるつもりなのです。
そう言えば、途中でそんなソロのハーレーがいたな。

目的地である陸奥記念館。
17060401.jpg

陸奥というのは旧日本海軍の戦艦の名前です。
大戦中、この近くの海に停泊中、火薬庫が大爆発を起こして轟沈してしまった艦なのですが、この陸奥の爆発事故はミッドウェー海戦の重巡利根のカタパルト故障と並んで太平洋戦争の海軍2大ミステリーとされているとかいないとか。

ともかく、展示物はかなり充実していて大変興味深いものでした。
内海で沈没した艦ですから、戦後かなりの部分が引き上げられ、遺品も数多く回収されているのです。
名前入りの水兵さんの遺品など見ると、胸にグッとくるものがありますね。

丘の上にある慰霊碑に手を合わせて帰ります。
17060404.jpg

この、矢印の方向の柱島水道と呼ばれる海域で沈んだそうです。
17060405.jpg

ちなみに芝生広場には戦後日本の誇る大型飛行艇、US-1が。
17060403.jpg

実はこの芝生広場、有料のキャンプ場らしいです。
飛行艇見ながらキャンプなんて、日本でここだけでは?
機会があったら泊まってみたいですね。

そこから島の南側に回り、反対側を通って戻るコースをとったのですが、南側は道が非常に狭いいわゆる「険道」が延々と。
いきおいペースも上がらず、どんどん時間が経過します。
また、都合の良い休憩スポットもなかなかなくて、とうとうカップラーメンを食べる機会を逸してしまいました。
空腹のまま再度橋を渡り、帰りは山陽自動車道でバビュン。
今日は250キロほど走りましたね。

ま、意外に距離があって時間かかりましたけど、周防大島、ツーリングにはかなり良いです。
また来るぞ!
17060402.jpg
posted by Kei at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

コーヒーを買いに

ここ一年ばかり、自宅でコーヒーを淹れる時は自分で豆を挽いています。
職場が変わってからは近くに店がないため、毎朝魔法瓶一杯分を作るので豆の消費量もそれなり。

会社に自販機はあるけど、缶コーヒーの不味さだけは我慢ならん。
てか、これからの季節はアイスしかないのもね。
私はコーヒーは夏でもホット派なのです。

そんなことで、最近は出かけた先でコーヒー豆を売っている店を見つけると、ついフラフラと物色する習性が。
切らしてから買いに行くのは億劫ですし、スーパーで売っている豆はあまり美味しくないので。

さてさて。
私がR3を買ってからよく行く呉市は、コーヒーの販売も盛んです。
喫茶店がたくさんありますし、豆自体もあちこちで売っているのです。
軍港としての歴史と何か関係があるんですかね?
てわけで、今日はバイクでどこ行こう、って考えた時に、ふと呉にコーヒー豆を買いに行ってみようと思い立ったのでした。

行ったのは、みなと珈琲店というお店。
17060301.jpg
創業60有余年という老舗だそうです。

通販もやっているのでわざわざ買いに行く必要はないのですが、そんな無粋なことを言ってはいけません。
わざわざ買いに行くのが良いんです。
通販だけに頼っていると、運送業界の例を挙げるまでもなく、日本がおかしくなってしまいます。

にこやかな女将さん?の接客で気持ちよくサクッと購入。
今回はお気に入りのマンデリンに加えてキリマンジャロも買ってみました。
飲み比べるのが楽しみですねぇ。

ついでに、いつもの潜水艦桟橋に寄ってから帰宅。
16060302.jpg
今日は7隻も係留されていました。
まるでドイツ映画の世界ですな。
posted by Kei at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする