2013年06月29日

肉に戻る

前回、「ウナギでも買って来よう」なんてことを書いた私ですが。
有言実行のためにスーパーに出かけてビックリ仰天。

ウナギ、たっけー!

国産だと1尾2千円近く、見るからに貧相な中国産でも千円近い。
うーむ、ウナギの価格が高騰しているとは聞いていたが、これほどとは。
千円あれば、霜降りのそこそこ良い国産牛の焼き肉用が買えますよ。

で、貧相な中国ウナギと霜降りの国産牛を天秤にかけて迷うこと数秒。

結果は国産牛の圧勝。
今宵はウナ丼ならぬステーキ丼と相成りました。
13063001.jpg
まだ肉は半分残っているので明日も食べよう。

そう言えば、マグロも需要の増大と資源の枯渇によって世界的な供給不足と言いますし、日本の水産資源は先行き不安ですな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

加速するおじいちゃん化

最近、老眼が進んでいる様でちょっとへこんでいます。

気が付いたのは1年ほど前。
ラーメンだかうどんだかを食べていた時に、口元の麺に焦点が合わないのに気が付いたのが始まりでした。
最初は「目が疲れてるのかなぁ」などと気にもとめなかったのですが、その後も食事の度に同じ状態が続き、「ああ、これは老眼だわ」と。
実際、今年で42ですから老眼が始まってもおかしくはないけど、もう5年は待って欲しかった。

老化と言えば、昨日、就活で広島に行った時に、面接前に気合いを入れようと思って駅前でステーキランチを食べたら胃がもたれて目いっぱい逆効果でした。
あの程度の肉で。
考えたらここのところ、コーンフレークにフルーツとかサラダにパスタとか軽めの食事ばかり続いていたので胃もビックリしたんでしょうな。
別に食事制限をしているわけではないのですが。

で、昨日は疲れて帰って来て20時半には就寝。
今朝は3時半に目が覚めて4時にコーヒー、5時前からゴシゴシと歩いて、途中で野良猫と遊んで…。

ホントにおじいちゃんじゃないか。。。

まぁ早起きや健康的な食事は決して悪いとは言いませんが、これはちょっとどうよ、と。
このまま枯れてしまうのか俺は、と。
やはり男たるもの幾つになっても食い物ぐらいはガツンといきたいものですな。

よし、今日はウナギでも買って来よう!

画像は朝のウォーキング前の空。
13062801.jpg


妙に赤くてちょっと不気味でした。
posted by Kei at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

ちょっと一息

心配された台風も早々に温帯低気圧に変わり、あまり深刻な被害をもたらさずに済んだ様で良かったですな。
それどころか、これまでの水不足を一気に解消した地域もあるとか。
今回は空気を読んでくれたんでしょうかね。
…低気圧だけに。

しかし今日は涼しかったですね。
昼でも19度とかでしたよ。
一瞬、夕方に暖房入れようかと思ったぐらい。
まぁ考えたら雨が降り出すまでの気温が異常だったのか。
夏至前に連日30度オーバーとか考えられん。
明日からはまた気温も上がるみたいですが、それでも予想は27度程度。
やっぱりこれが普通ですよ。

さて、明日の倉敷地方は久しぶりに晴れ間が見られそうです。
これでしばらく行けなかった朝のウォーキングに行けるな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

首都移転を上申する

ずっと晴天が続き、ようやく梅雨らしく雨か、と思ったら今度は台風によるブーストパワーで一転して水害の恐れとか。
最近の天候は「丁度良い塩梅」ってことを知りませんな。
ヨーロッパでもかなりの被害が出ていると聞きます。

幸いにして天災という部分では日本中で最も過保護な地域に住んでいるので、私個人は今回もあまり心配する必要はなさそうですが、大雨が予想される地域の皆さまにおかれましては充分に用心なされますよう。

日本も首都を岡山あたりにすれば良いのに。

台風や大雨だけじゃなく、大雪、地震のリスクも相当低いですよ。
関東平野に比べれば平地は狭いですが、経済都市としてじゃなくて政治的な首都機能だけなら大丈夫だと思うんだけどなぁ。
キャンベラとか昔のボンみたいに。

日本は東京に全てが集中しすぎています。
“日本は東京とそれ以外とに分かれる”とよく表現されますが、そろそろ本気でリスク分散をした方が良いと思うのですよ、私は。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

円安効果?

うっかり見逃していたのですが、なんでもカワサキが日本・米国向けの中型二輪の生産を国内に戻す予定だそうですね。
タイの工場は新興国向けの車種を中心に生産していく様です。

日本・米国向けの中型二輪、と言うとNinja250とかZ250とかNinja400Rなどになるんでしょうか。
ついに国産になるのかしら。

人気車種、Ninja250の国内でのメーカーデリバリーが早々に終了したという話がありましたが、ひょっとしたらこういう事情も絡んでいたのですかね、などと勝手な推測をしてみるわけなんですが。

ま、何はともあれ、国内の物づくりが少しでも元気になるのは良いことです。
いいぞ、カワサキ!
posted by Kei at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

汝、身の程を知れ

ちょっと古い話ですが、去年の春に腕時計を買いまして。

それがこれ。
13061401.jpg
トレーサーのエクストリーム・スポーツ。

ルミノックスと同じトリチウムカプセルが使用されていて、暗闇でも時刻が読める。
(まぁルミノックスもトレーサーも根っこは同じなんですが。)
そして私の好きなクロノグラフで、ラッキーカラーのオレンジがあしらわれた文字盤デザイン。
ネットでたまたま見かけた瞬間、ハッキリ言って一目惚れでした。

とは言え、私には高価な品。
数ヶ月悩んだ挙げ句に勢いだけで購入。
利用したのは海外の通販サイトで、当時はまだ円高バリバリの頃でしたから、日本で買うよりかなり安く買えた記憶があります。
で、送られて来た品を時計屋に持ち込んでブレスレットを調整してもらい、さっそく上機嫌で使い始めたのですが…。

これは。
ちょっと失敗だったかも。。。

見て分かると思いますが、非常に無骨で大柄なボディ。
そして重たい。
200グラムぐらいあるんですよ。
200グラムって言えばあなた、iPhone5の倍近い重量です。
まぁ、ほとんどステンレスの塊みたいなものなので当たり前と言っちゃ当たり前なんですが、最初の頃はマジで腕がだるくなったほどですからね。
手首は人間の末端部に位置するので、慣性が働いて余計に重く感じる。

でまぁ、ぶっちゃけて言うと邪魔なんです。
ガタイがデカイのであちこちぶつけますし、ワイシャツを着る時は袖のボタンを外さないと手首が通らない。
当然、ライダースの革ジャンも袖のジップは閉まりません。
慣れたと言ってもやはりこの重さはストレスで、パソコンを扱う時には着けていられない。
…などというデメリットが使っているうちにどんどん気になり始めてですね。

使って初めて分かることってあるんですな。
ゴツいクロノグラフが高校生の頃からの憧れでしたが、いざ実際に手にすると印象は違います。
なんかこう、外観どストライクの可愛い女性を彼女にしたら我がまま放題で手に余った、みたいな。
やっぱ人間、背伸びしちゃいけませんね。

ま、そうは言ってもせっかく買ったんだから使い続けますけど。
でも代わりの時計もあった方がいいかなぁ。
posted by Kei at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

徒歩と自転車

昨日、一緒に島に行く友人から連絡があって、なにやら体調が優れないとのこと。
そんなわけで今週末の島歩きは微妙な情勢になってまいりました。
まぁ病気なら仕方ありません。

それでも腹に溜まった脂肪を燃やすために今朝もせっせと歩く私。
なんか、梅雨入りしたとか言いながら今朝も快晴ですぜ。
やっちまったか、気象庁?

今日は1時間ほど歩きました。
だいたい6キロですかね。
もうちょっと長いか。
しかし、こうして毎日の様に1時間も歩けるのは無職の特権ですな。
働いていたらこうはいかないものなぁ。

そう考えると、子どもの頃は自然と歩いてましたね。
小学生の頃は最低でも学校への往復で毎日3キロ。
休み時間や帰宅後は走り回って遊んでましたから、それだけでかなりの運動量ですよ。
中学に上がると自転車通学でしたが、私は一年生の一学期の途中で自転車を盗まれてしまったので、それ以降はずっと往復5キロを歩いて通っていました。
せっかく買ってもらった自転車の管理が甘かったことに対するみそぎの意味で。
子供心にも、親に「もう一回買って!」とは言えませんでしたからね。

そう言えば、確か二年生の時に担任の先生に「Keiちゃん(本当にそう呼ばれていた)は本来自転車通学なのに歩いて通ってんだぞ!」みたいなことをクラス中に大々的に発表されたことがありまして。
今になって考えてみると、事情を知らないクラスメイトの中には「わ!こいつ、ひょっとしたら貧乏でチャリ買ってもらえなかったんじゃねーか?」と思ったヤツもいたと思う。
絶対に。
さすがに「こいつ、実はチャリ乗れねーんだろ」とは思われてないと信じたいが。
断言はできんよな。

うひょ〜、悲しいね〜。

自転車と言えば、高校生になった時に改めて買ってもらった自転車も、さっそく一年生の二学期に車に跳ね飛ばされて一瞬にしてスクラップにしてしまいました。
こんなんばっかりやん…。

高校までは10キロ近くあったので、さすがに歩くわけにはいかず新しいのを買ってもらいましたが、今と違って当時は自転車も高かったですからねぇ。
すまん、母ちゃん。

考えたら、私って自転車に対して色々とついてないんですよ。
これまでで合計4台も盗まれてますし。
「お前みたいな者は自分の足で歩け」って神に言われているんでしょうか。
posted by Kei at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

救出完了

今日、ハローワークに行った帰りにレンタル倉庫から必要な装備をサルベージして来ました。
気になったので手近な段ボールを幾つか開けて保管状態を確認してみましたが、革靴に白いカビが生えていた程度で、他はそこまで大きなダメージはなさそうです。
ただし、開けたどの箱も中の湿度はかなり高そうな感じ。
ひょっとすると本の類いはヘナヘナになっているかも知れません。
いい加減、ちゃんと自分の家を借りて全てイチからキチンとしたいわぁ〜。

で、当初の目的であったラーケンのボトルは予想通り「キッチン用品他」と書かれた箱に入っていました。
13061001.jpg
そうそう、これこれ。

あと今回は不要ですが、ついでなのでテントやシュラフなども持ち帰って来ました。
これでいつでもテント泊できる。
さらに開けた箱の中で琴線に触れた物も幾つかお持ち帰り。

東京マルイのザウワーP226とか。
13061002.jpg

ボシュロム時代のレイバンのサングラスとか。
13061003.jpg
上はドライビング用レンズのウェイファーラーIIで下はマイ・ファースト・レイバン。
どっちもあんまり使わなかったなぁ。

これらの米国製レイバンは、今となっては入手不可。
ヤフオクに出したら幾らの値が付くんだろ?
売らないけど。

さてさて、これで島歩きの装備は整いましたよ。
あ、カメラの件があったか。
どうすっかなぁ…。
posted by Kei at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

掘り出しに行くか

来週の島歩きに向けて装備の準備をし始めています。

一番の問題は靴。
まぁでもテント泊装備で山を登るわけではないので、これはあまり深刻に考えなくてもいいかな。
一応、テント泊山行用のしっかりしたブーツは持っているのですが、なんせ買ったのは10年近くも前なので、多分歩いているとソールが突然死すると思います。
これは本気で使おうと思ったら一度ソールの張り替えに出さねば。
ま、今回は舗装された道しか歩かないので、一昨年、旅行用に買ったベイツのブーツで行けるでしょう。
これならレンタル倉庫から発掘する手間も省ける。
多少サイズが大きいけれど、そこは厚手の靴下でカバーします。

ザックは家の寝室の横にありますし、他に必要な物は…。
テントやシュラフなどの大物は倉庫に預けていますが、今回は必要なし。
その他小物類はほとんど家のアウトドアボックスに収めてあるので、ひょっとしたら発掘に行く必要はないぞ。

これはラッキー。

なんて思っていたら、ラーケンのアルミボトルがどこを探してもない。
そう言えば、前の家ではキッチンの流しの下にポット類と一緒に保管していたから、あいつらと一緒に引っ越しの段ボールに詰めたのかもしれん。
さすがにボトルは替えが効かんよな。
そう高い物ではないので新しく買ってもいいけど、あれには愛着があるし。
やっぱ倉庫で探すか。

これは面倒だ。

そういうわけで、結局倉庫への発掘ツアーは敢行せざるを得ないことになりました。
仕方ない、来週早々にでも行って来よう。
他に発掘してこなきゃいけない物はないだろうな。
こういう時、必ずうっかりと何かやらかすのが私の常なので、ちょっと心配なのであります。
posted by Kei at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

ウォーキング事始め

そんなわけで早速行って来ました。
早朝5時出発。

家を出て数百メートル歩いたところで山越えルートに入り坂を登ります。
高低差にして数十メートルってところでしょうか。
不摂生な足腰に丁度良い負荷です。
まぁすぐに平坦になるんですが。

この一帯はゴルフコースになっているので、所々で緑の芝生を左右に見ながらの行程。
13060601.jpg
続きを読む
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

歩くことは良いことだ

さて。
今月の島一周ウオーキングに向けてぼちぼちと重い腰を上げつつ準備を始めようかという頃ですが。

ぶっちゃけ、装備類はほとんど揃っているので、カメラの問題を除けば特に大げさに動く必要はありません。
まぁレンタル倉庫に眠っている物品を掘り出しに行く手間があるので、それが少々億劫と言えば億劫な程度。
発掘したものの腐ってた、なんてオチさえなければ。

それよりも自身の身体的な部分の方が大きな問題かも。
ここ数年、放置に放置を重ねた身体ですからねぇ。
まともに動くかしら。
ジーンズに垂れ下がる脇腹を見ると勢い心配になってくるぞ。

そんなこともあり、今週は意識的に身体を動かす様にしています。
いきなり負荷をかけるのもアレなんで、まずはスーパーへの買い物を徒歩で。
早足で片道10分ぐらいですね。
私の早足で10分だと距離にして1キロぐらいですから往復で2キロ。
あとはストレッチや腹筋などの軽い運動を。
これを数日続けても足首やヒザに支障はないので(この程度であったら困るが)、そろそろ段階を上げようと思っています。

幸いにして田舎に住んでいるため、歩く場所には事欠きません。
家の近くには昔銅山だった小山があるので、涼しい早朝にでもそこを歩いてみようかと。
んでシャワーを浴びて二度寝する。
これぞ無職の特権だな。
わっはっは。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

時代は流れる

バイクは買えませんがバイクの情報は日々仕入れている私。
生活が落ち着いてからの次期愛車を想像するのも楽しいものです。

さてさて。
日本の二輪業界もほんの少しだけ活気が出て来た気がする昨今ですが、このまま盛り上がりを続けて欲しいですな。
メーカーさんも頑張って新車種を発売していることですし。
でも新しく発売されるバイクに対して、ネット上では否定的意見もよく見かけます。
曰く「つまらない」とか「高い」とか「昔は良かった」とか。

こういう意見、バイクに限らず色々な分野でもありますな。
私はこの「俺が若い頃はよ〜」的な物言いがハッキリ言って好きではありません。
時間は流れているんですから、現実的に今と前を見るべきでは?

例えばホンダのCBR250R。
このバイクに対して「単気筒でCBRは無い」「カッコだけ」「つまらない」なんて意見はそこら中に転がっています。
NCシリーズが出た時もそんな感じでしたかね。
激しいのになると「四気筒なら売れるのに」とか。
正直、昨今の環境・騒音規制の中で250の四気筒なんて非現実的過ぎますよ。
作ったところで低速トルクの使い物にならない非常に乗りにくいエンジンになるでしょうし、価格も80万とかになるでしょう。
そんな250のバイク、誰も買わないって。
そもそも日本のバイクメーカーは、このちっぽけな国内マーケットなんてそこまで考えちゃいないですからね。
いかに世界で商売できるバイクを作るか。
これは企業として生き残るための当然の思考です。

「速くてパワーがあればそれが正義」なんて時代に育った人にしてみれば確かにつまらないかもしれない。
でも車を見てご覧なさい。
スポーツカーが売れてますか?
今売れているのはコンパクトカーやエコカーですよ。
バイクは車とは違う。
それは半分正しいかも知れませんが、買うのは同じ人間で走るのは同じ道です。
もっと突っ込むと、そういうパワーとかカッコ至上主義的な層の一部が個人のエゴでうるさいカスタムなんてしなければ、今ほど厳しい騒音規制が設けられることもなかった。

ま、出た物に対して色々文句言う人は、結局何も買わない人ですからね。
本気で購買意欲を持つ人は黙って買うもんです。
だからメーカーもそんな意見に左右されず新しい物づくりを続けていって欲しい。
それと少なくともバイクが好きな人達は、新しい車種に対して頭から「つまらない」とか否定的意見ばかりを述べるんじゃなくて時代も同時に眺めながら相対的に判断してもらいたいですな。
昔と同じ価値観で新しい物事を語ることほど無意味なことはありません。
メーカーさん、八方塞がりの中で頑張ってると思いますよ、私は。
posted by Kei at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

一歩を踏み出す前に

今月の半ば頃、友人と島に渡って日帰りで歩き回る計画を立てました。
本当はテント泊したかったのですが、友人は家庭もあるしお互いに運動不足の身の上なので、まずは軽い荷物で歩くことから始めようかと。
そうは言っても想定で20キロほどの行程。
いざとなれば周遊バスに乗るという待避オプションもありますが、ともかく事前に少し歩く準備だけはしておかなくては。

で、悩んでいるのはカメラ。
携行に色々気を使うのと撮影が主ではないのとで、一眼レフを持ち出すことは考えていません。
でもコンパクトカメラは持ってない。
道中のスナップならハッキリ言ってiPhoneで充分事足りるんですが、私は神経質なのでバッテリーが心配なんですよね。
iPhoneはスマホとしてはバッテリーの持続時間が長い方ですが、カメラやアプリを頻繁に使うとやっぱり消耗は激しい。
旅先で携帯電話は非常に重要なツールですから、なるべくバッテリーは温存しておきたいのが人情です。
それと、雨に祟られた時にはアウトですし。

そんなこんなでアウトドア用の防水コンパクトが欲しいな〜、でもな〜、などと悩んでいる本日。
今はちょい型落ちなら2万弱で買えるみたいで。
アウトドアを本格的に継続するなら買って無駄はないと思いますが、今後自分の人生がどう転ぶか謎ですしねぇ。
買ったは良いがほとんど使わないってのは悲しすぎる。
デジタル機器は生ものですから。

ふーむ、どうしよう?

まぁ、その前にちゃんとした靴があるのか?という問題を片付けるのが先か。。。
posted by Kei at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする