2013年05月29日

噛んで下す

いつもと言う訳ではありませんが、時々ガムを食べます。
なんでも、「噛む」という行為は脳の活性化を促すそうですな。
私の場合はあまり長く噛んでいるとイライラしてくるタイプですが。

今はガムも種類が多いですね。
ロッテの板ガムかマルカワのフーセンガムぐらいしか選択肢のなかった子どもの頃とはえらい違いです。
その中で私のひいきは『リカルデント』。
13052701.jpg

歯に良い“特定保健用食品”として謳われていますが、私は単に味が好きなのと、その味が長続きするところが気に入っています。
そんなに食べるわけではないので、ボトル入りを買っておけば1ヶ月は保つ。

でもこのガム、実は私にはあまり合わないらしい。
と言うのも、これを食べるとお腹を下すことが多いんですな。
実際パッケージにも「一度に多量に食べると体質によりお腹がゆるくなる事が…」なんて書いてあるのですが、私の場合は多量じゃなくても下してしまう。
激しい時には食後2粒を噛んで1時間後にはトイレサイン。
まるで下剤ですよ。

惜しい。
非常に惜しい。
これさえなければ安心してもっとガツガツ食えるのに。

とは言え他に浮気する気もないので、これからもロシアンルーレットの様なガムライフが続くのでしょう。
俺はマゾか?
posted by Kei at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

新たなる発見

私が住んでいる地域には『クルードスパゲティ式めん』という品が売られておりまして。
13052301.jpg

分かりやすく言うと、生めんタイプのナポリタンの素ですな。
私らが子どもの頃、スパゲティと言えばこれでした。
どこでも売ってましたし、常に家にあったものです。
お弁当にもよく入ってたなぁ。
そうそう、フナやコイ釣りのエサとしても使えました。

実は昨年、仕事でこのメーカーの社長さんとお会いしたのですが、その時に改めてこれの良さに気が付きまして。
何に気が付いたかと言うと、アウトドアに持ち出す食事としての適性。

具体的にはまず調理の簡便さが挙げられます。
フライパンで軽く火を通して付属のペーストを加えるだけで完成。
本来はサラダオイルを少量、とのことですが、フッ素加工などが施されたフライパンならそのままでも何ら問題ありませんし、かかる時間も数分です。
そしてこの品、保存期間が長く、しかも常温保存が可能(と言うか常温保存推奨)。
しかも安い。
まさに野外食としてピッタリではないか。

ちなみにベーコンやタマネギを加えるとこんな感じ。
13052302.jpg

美味そうでしょ?
実際、美味いです。

生めんタイプなので単体だと乾麺に比べて重量の点で劣りますが、調理に必要な水までトータルで見るとこっちの方が断然軽量。
燃料も節約できます。

うむ。
次の野外活動にはこれを試してみるぞ。
posted by Kei at 16:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

春季例祭

私の住む地域では、田植え前のこの時期、今年の豊作を祈って各地の神社で春祭りが執り行われます。
取り立てて私には関係無いし興味もなかったのですが、今年は町内の私の地区が当番に当たっておりまして、近くの鎮守の森に立つ小さな神社でのお祭りの雑務に参加することになりました。

まぁ祭りと言っても常駐の神主もいない小さな近所の神社ですから、露店が出て人で賑わうこともありません。
他所の神社から神職の方を呼んでお祈りをするだけの軽い神事です。

なのでやることと言えば境内の掃除と神事の手伝い、それに当番で詰めて初穂料の受付、お札の手渡しぐらい。
で、今朝は8時過ぎから雑巾持って神社へ集合です。
正直、町内のなんたらとかは煩わしくてあまり気乗りはしなかったのですが、実際に境内の掃除を始めてみるとやはり気持ち良いもんですな。
自宅の庭も掃除せんのに。

夜は当番として神事に立ち会い。
こういうの、初めてです。
子どもの頃だったら退屈で死にそうだったんでしょうが、今だとなかなか興味深い。
夜の神社で人が集まって何かするっていうのは非日常ですな。
総勢10人ぐらいですけど。

祭りは明日も続きますが、私は母親の施設での家族会に参加するのでこれでお終い。
なんか天気悪そうですけど、片付けは大丈夫かしら。

画像は夕方の待ち時間に撮った境内の片隅にある祠。
13051801.jpg

自分の幼少を過ごした場所ならもっとノスタルジックな気分になれたかなぁ。
posted by Kei at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

地獄のハイウェイ

知らぬ間に5月も半ばを過ぎまして。
いやいや、もう少しで今年も半分ですよ。
怖いですねぇ。

そして私は相変わらず無職です。
怖いですねぇ。

怖いと言えば。

岡山・倉敷エリアに住んでいる方はご存じでしょうが、国道2号という道路がありまして。
この国道2号の岡山市東部から倉敷市にかけての区間、以前はバイパスだっただけあって車線が多く信号も少ない。
一部は高架道路で制限速度も70キロという、下手な都市高速よりも流れが速い道です。
夜中なんて100キロほどで走る車はザラ。
倉敷から岡山方面へ行こうと思ったら、この道を通るのが一番手っ取り早いんですな。

でも私はこの道がとても苦手。
全体的に流れが速い割に基幹道路ということでトラックも多く車による速度差が大きいのも怖いのですが、なにより恐ろしいのは、この道を走る車の大半が「なんで?」と言うぐらいにみんな殺気立っておること。
右に左に車線を変えながら少しでも前に出ようとするヤツ、前が詰まっているのにもかかわらず前走車の数メートル後ろにビッタリ着いて走るヤツ、一番右の車線から真ん中の車線を飛び越えて左の車線までウインカーもなしで一気に“八艘飛び”するヤツ。
しかもこの道は交通量が多く、したがってそんな血気盛んな連中が軽トラから大型タンクローリーまで入り乱れながら70キロや80キロ、下手すりゃ100キロ近くでびゅんびゅんやり合っている状態。

まさに交通戦争。

私は何度かバイクでこの道を走ったことがあるのですが、このカオスの中では250のバイクなんて紙切れも同然ですからね。
70キロで走っているすぐ横を大型トラックが弾道ミサイルの様に抜いて行き、かと思えばいきなり前に入って来てブレーキとか。
んですぐ後ろのミニバンは車間を詰めてたり。
これまで走った道で、これほど恐怖を感じた道はない。

なんでこの道、そんなにアドレナリンを分泌させながら走る車が多いんでしょうか。
多分、なにかしら人間行動学的に理由があるとは思うんですがね。
でもみんな、もっと冷静に運転しましょうよ。

うるさいことは言わん。
せめて“車間距離3秒ルール”は守れ。
命に直結するぞ。
posted by Kei at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

台湾式

昨日は就活で鳥取の米子まで行って来ました。

やたらとホテルが林立する米子駅前。
130502.jpg
そして寒い。
気温11度だって。
5月なのに。

米子方面には弓ヶ浜でのキス釣りに何度か車で行ったことがあるのですが、今回は初のJR。
伯備線特急『やくも』です。
で、伯備線と言えば中国山地を越える単線ですから事前の予想通り。
揺れるわ遅いわ、挙げ句に前の座席のバカ夫婦が揃いも揃って「歯医者か?もしくは美容院か?」と言うぐらいに常識外れに背もたれを倒していて、+狭いわの三重苦。
疲労度倍増です。
やっぱ新幹線の快適さは群を抜いていますな。

で、往復4時間の乗車で変に肩がこって首も痛くなったので、倉敷駅に降りてから台湾式のマッサージに寄ってみました。
これまた初体験ですよ、台湾式は。

お店自体はなんかパッとしない雰囲気で、台湾人(だと思う)のスタッフ達が母国語で会話しっぱなしなので「ここ大丈夫か?」なんて思ったのですが、マッサージ自体はかなり良かったです。
あれだけみっちり全身をもみほぐしてもらったのは初めてかも。
侮れません、台湾式。

テレビなんかでよく見る、うつ伏せになった身体の上に施術師の人が立ってやるアレも体験しました。
勢いを付けて肩甲骨の辺りにドスッ!と乗られた時にはさすがに肺の空気が押し出されて「おふっ!」とか言ってしまいましたが。
肋骨が折れたと思った。

ま、何にしても満足です。
また今度行こう。
posted by Kei at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする