2012年09月30日

K-30の電源に悩むの巻

ペンタックスのデジタル一眼レフ、K-30を使い始めて2ヶ月が過ぎました。
仕事でも使っているので(というか今や仕事メインですが)、1週間で300〜500回ほどシャッターを切る日々。
今のところ特に問題もなく満足して使っています。
それどころか、私の様な使い方の人には最適機種の一つと言っても良いかと。

やっぱり軽くてコンパクトなのがありがたいですな。
常に持ち歩くので、これは大きい。
軽いだけとなればもちろんミラーレスの方が良いんですが、バッテリーの持ちとか操作性の面ではやはり一眼レフに一日の長があります。
それと取材で使うので、一眼レフの方が箔が付く。
これって結構、大きな要素なんです。
プロじゃなくても一眼レフを構えて写真を撮っていれば、取材される側に「ああ、キチンとやってもらっているな」という印象を与えることができる。
こういったことが仕事をスムーズに運べる一因になりますから。

で、気になる箇所なんですが。
続きを読む
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする