2012年06月29日

防衛ライン構築

この間、家の庭にある花壇にヒャクニチソウの種を植えて、やっと芽が出て来たと思ったら謎の壊滅をしてしまった話をしましたが、懲りもせずにまた挑戦中です。
今回は、前回よりも広めに土を耕して、よりまばらに撒いてみました。
ところが、撒いて数日で発芽し、順調に伸びていたと思った矢先、またしても一部の芽が消滅しているのを発見。

どうも調べてみると、カラスの野郎が花の芽を食べることがあるそうですな。
カラスと聞くと、童謡を始めとしてなんとなく牧歌的なイメージ、ノスタルジックなイメージを抱きがちですが、農業をされている方にとっては親の敵のごとく憎らしい存在だとか。
しかし、やっと伸びてきて「さぁこれから」って時についばむとは許せん。

そんなことで、脅威がハッキリしているのに手をこまねいてオメオメと食害されるほどお人好しではありませんので、何かしら防御手段を講じることに。
そうは言っても、本格的にやるとなると手間も予算もかかります。
私が育てているのは野菜や穀物ではありませんから、とりあえず、小さな芽の段階をクリアしてしまえば後は大丈夫でしょう。
そこで、ホームセンターで金属製のネットを買って来て、レンガを土台に芽の上を守る様に覆ってみました。

見よ!これがアイギスの楯だ!
12062901.jpg

一応、これで物理的にカラスの襲撃からは守れる、…かな。
カラスというのは人間が想像するよりずっと知能が高いらしいので、これで大丈夫!と言い切れないのが悔しいところですが。
これでダメだったら、また何か考えます。

ところで、作業をしていたら白いカエルがウロウロしていました。
12062902.jpg

緑をバックにこの色だと目立って仕方ないと思うのですが、擬態の途中なんでしょうかね。
お前も鳥に狙われない様に気を付けろよ。
posted by Kei at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする