2012年06月05日

私の道楽

昨夜、あまりにヒマなので、手持ちのナイフを色々と引っ張り出して鑑賞会を開いておりました。
私は決してコレクターというわけではないのですけど、なんか知らない間に増えてますなぁ。
数えたら15本以上ありましたよ。
何かやらかして家宅捜索にでも入られたらマスコミが騒ぐこと必定。

こんなこと書いているだけで眉をひそめる方もおられるでしょうが、そんな人はこんなブログなんて見るな。

そうは言っても、私も小さい頃からナイフに興味を持っていたわけではありませんでした。
てっぽーやミリタリー関係は幼児の頃から大好きでしたけどね。

最初に興味を持ったのは、小学校3〜4年生の頃かなぁ。
当時、江戸川乱歩の子ども向け探偵小説にはまっていまして、中に出てくる少年探偵団ってのが七つ道具を持っているんですよ。
細かい中身は忘れましたが、ペンライトとか縄ばしごとか、望遠鏡とか。
その中に、様々に使える万能ナイフ、なんてのがあったんですね。

万能ナイフ? はて?

どんな物かサッパリ見当が付きませんでしたが、ある日、新聞の日曜版に掲載されていた広告を見てハタとヒザを打ちました。
そこにはスイスの(ウェンガーかヴィクトリノックスかは覚えていませんが)ツールナイフが、たくさんのツールを開いて神々しく載っていたのです。
ノコギリ、栓抜き、缶切り、ドライバー、キリまである。
あれは子供心にインパクト強かった。
世の中にはこんな凄い物があるのか!なんてもんですよ。
それからはもう、ツールナイフの虜。
で、小学校の5年生ぐらいだったと思いますけど、スーパーのスタンプを集めて色々な景品がもらえるっていうアレで、ようやく入手したのがこれ。
12060501.jpg
ウェンガーのバックパッカー。
続きを読む
posted by Kei at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする