2012年02月24日

右か左か

唐突ですが、海上自衛隊の対潜哨戒ヘリ、SH-60Kのコクピットです。
12022401.jpg

先日の神戸での海自護衛艦一般公開の際に撮った物ですな。
最新のヘリだけあって、見事なグラスコクピット(アナログ計器のかわりにディスプレイを多用したコクピット)ぶりがうかがえます。

で、なぜこんな画像を載せたかと言いますと…。

普通、旅客機など並列のコクピットでは機長さんは機首に向かって左側のシートに座りますよね。
でもヘリのパイロットは右側に座るんです。
このコクピットの画像でも、右側のシートではフットペダルの間ににゅるんと操縦桿が生えているのが見えますが、左側のシートには操縦桿すらありません。

なんでヘリと固定翼機で左右が違うんでしょう?

長い間これが疑問だったので、ちょっと調べてみました。
すると、「ヘリは常に左手でスロットル(正しくはピッチレバーと呼ぶそうですが)を上下させているので左側の視界が損なわれる、したがってパイロットは右側に座る」との意見と「ヘリは常に操縦桿を細かく操作するため、計器類の操作に左手を使える様にしている(計器類は左右シートの間に位置するので右に座れば自然と左手で操作する)」との意見が。

どっちが正しいんでしょ?

って言うか、両者の意見、矛盾がありますよね。
一方は「常にピッチレバーを操作する為」、もう一方は「常に操縦桿を操作する為」。

正解はどっちなんでしょうね。
個人的見解から言うと前者かなぁ、という気はするのですが。

あ、でも上の画像では左側シートのピッチレバーは右側に付いていますね。
(多分そうだと思うけど)
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダの底力

ホンダが発表した新しい世界戦略二輪、NC700Xが発表から5日で1,500台を受注したそうです。
このバイク、ネット上のバイクファンの間ではショーでの発表以降、「つまらない」としてあまり評判が高くなかったのですが、私は「これは売れるだろうな」と思っていました。

理由は色々あるのですが、要するに私みたいに“トコトコまったり派”にはぴったりに思えたからです。
700ccエンジンの余裕あるトルクを実用回転で発生させ、燃費も優秀。
そしてダミータンク部の収納スペース。
楽しさと実用性を兼ね備えた理想的なツーリングマシンじゃないかしら。
それに何より安い。
本当に安い。

昨年、ホンダの常務が、高回転・高出力型エンジンを積んだバイクについて「時代じゃない」と発言しましたが、確かに真実は突いているなぁという気がしました。
ちょっと寂しい気はしますけどね。
でも、バイク=峠=迷惑走行→事故、なんていう図式もそろそろだろ、と。

CBR250Rも好調なセールスを続けています。
このバイクも、「つまらない」「単気筒でCBR?」などと否定的な意見が多かったバイクですが、蓋を開けてみれば大ヒット。
しかも両者とも世界戦略車ですから、日本でのヒットはおまけみたいなものかも。

こうして見ると、やはりホンダという企業は侮りがたいんですよね。
posted by Kei at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

天の配剤

日曜日、神戸へ遊びに行って来ました。
第一の目的は、『オールニッポンナイフショー』の見学。
私が作ってもらったナイフメーカーさんが出展するというのもあり、前々から計画していたのです。

会場は造り酒屋のホール。
12021401.jpg
続きを読む
posted by Kei at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

厄災退散

私も今年で41歳。
いよいよ本厄ということで、厄払いに行って来ました。

実は今年の年明けぐらいまで、何を勘違いしたのか本厄は去年で終わったと思い込んでいたんです。
なんででしょうかねぇ。
ここ2年は色々大変なことが続きましたからね。
で、「やっと本厄を切り抜けた。後は後厄だけだ。」なんて思っていたら、同級生の友人が「本厄は今年だぞ。」と。

ぐえぇ、まだ2年も厄が続くのかよ…。
げっそり。

まぁ人間誰もが訪れる厄年ですから嘆いてばかりもいられません。
これからの気の持ち様を切り換える為にも、ここは一発厄払いに行っておきましょう。
ということで、その友人と一緒に彼の知っているお寺に行くことに数週間前から決めておりました。

私は初めて行ったのですが、山深い所にこじんまりと建っている修験道のお寺です。
修験道ということで、山伏スタイルにホラ貝の音が響いて、なかなか雰囲気がありました。

今日は護摩の日。
念仏が唱えられる中、高く立ち上った火中に祈祷のお札が投入されます。
12020501.jpg
私も頭の中で色々と願い事を唱えます。

護摩が終わると、厄年の人は本堂の上に上がり、持参した菓子を下で待ち受ける人々に向かって投げ与えるというしきたり。
厄を分けて軽くするという意味合いがあるそうで。
やってみるとこれ、結構気持ち良いもんですな。

後は厄除けのお札やお土産の寿司折りなどを受け取って終了。
これで気分も晴れ晴れといったところです。

厄除けのお札。
12020502.jpg
頼むよ〜。
守ってくれよ〜。

…いや、他力本願はイカンか。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

大水害発生

倉敷市の今朝の最低気温は-5度。
もっと寒い地方の人達には笑われそうですが、倉敷でこの気温はちょっとあり得ない。
普通は低くても-2度程度が限度です。
そう、今朝は限度を超えた寒さでした。

昨日は徹夜してネットで就活をしていたので、床についたのは明け方近く。
そんなことで15時過ぎまでグッスリ眠っておりました。
いや、グッスリではないな。
なんせ寒くて眠れなかったから。

で、15時過ぎにのこのこと起き出して、ポストの郵便物を確認に外へ出たのですが、なにやら家の裏あたりが騒々しい。
最初は裏手の田んぼをトラクターが耕しているのかと思い、そのままスルー。
それから台所に煙草を吸いに行ったらば、音の出所は完全に裏の車庫の様子です。

はて?
何事ぞ?

勝手口を開けて様子を見ると、私の家財道具一式を積み上げた向こう側から、なにやら凄い勢いで「シャーッ!!」という音が響いています。
慌てて靴を履いて行ってみてビックリ。
車庫には備え付けの蛇口があるのですが、その上の水道管から水が噴き出してトタンの壁に直撃状態。
もう“漏水”なんて可愛いもんじゃなくて、ほとんど“噴水”ですよ。
とっさに手で押さえましたけど、私は潜水艦乗りじゃないので漏水対処の仕方なんて分からない。
しかも直ぐに手が凍えてどうにもなりません。
ふと見ると、私がこれまでの貧しい社会人生活の中でコツコツと揃えた家財道具、全自動洗濯機とか、ベッドとか、ソファとかが水浸しです。

泣ける…。

そのままではどうしようもないので、手を放して家の表に回り、水道メーターの元栓を閉めてとりあえず水は止めました。
次に、幸いにも兄の友人が倉敷で水道工事の会社をやっているので、その人に急遽来てもらって、使っていなかった蛇口を殺してもらうことで漏水自体は解決したのですが…。

問題は家財道具の始末ですよ。
完全に水を被っているだけでなく、下に敷いたブルーシートにどっぷりと水が溜まっています。

貯水池か。

これを排水してシートの下に潜り込み、汚れと水気をキレイに拭き取って、空気を通して乾燥させて…。
なんて考えているうちにテンションがた落ちになったので、差し当たって巻き込んであったシートを平らに拡げて排水を促す処置だけして家に入りました。
明日はアレを片付けなくては。

寒いな〜。
手が冷たそうだな〜。

いや、それ以前にですね。
漏水の原因は、水道管の凍結による破裂だということは十中八九間違いないところですが、水が噴き出し始めたのが気温の上がった11時頃だと仮定して。

5時間近く出しっぱなしかよ!

ああ、今月の水道代の請求が恐ろしい…。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする