2011年08月26日

防衛ライン構築

ちょっと前からなんですが、我が家の裏手にある倉庫(と言うか車庫と言うか)に、犬が侵入して立ちションをするという事件が頻発しています。
犯行現場を見たわけではないので、正確には犬かどうか分かりません。
しかし割と高い位置にかけられているので、中型以上の雄犬と思って間違いないでしょう。

家の付近には野良犬はいませんので、飼い犬です。
多分、散歩の際にリードをせずに放されている犬が興味本位で立ち入って、たまたまマーキングしたらそれが習慣になった、というところだと思います。
自分の犬の管理もできないバカ飼い主には腹が立ちますが、一日中見張っていて現場を押さえるというわけにもいきません。
とは言え、オシッコをかけられるのはブルーシートに包まれた私の家財道具一式。
このまま黙って見過ごすことも、これまた不可能。

私は日本政府とは違う。

そこで消極的戦術ながら、防御網を設置することにしました。
今はホームセンターに園芸用のネットが安く売ってますからこれを利用しましょう。

アンカーとして、支柱にグリグリと木ネジをねじ込みます。
11082601.jpg

上下左右にアンカーを設置したら、あとは現物合わせでネットを張って余分な分を切り取れば完成。
低予算、短時間作業にしてはまずまずの出来と言えるんじゃないかしら。
11082602.jpg

私自身が出入りする場所なので、その度にネットを外す手間はかかりますが、これでそうそう侵入されることはないでしょう。
って言うか、もうちょっとマナーを守って欲しいもんですな、愛犬家の皆さんには。
posted by Kei at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

さらばVTR

本日、VTR250がドナドナされて行きました。

さらば俺の愛機よ。

バイクを処分するまでには本当に悩みましたが、結局は決断しました。
正直、無職の状態でバイクを乗り回すのも気が引ける状況でしたし、今後、就職する先によってはまた引っ越しになるかもしれません(恐らくその可能性の方が高い)。
経済的な問題も含め、総合的には今は手放した方が良いだろうとの判断でした。

まぁ、またいつか乗るさ。

さてさて。
「処分」と言ってもまだまだ乗れるバイクですから当然どこかに買い取ってもらったのですが、ここでは敢えて業者名や買取金額などの詳細は、その交渉の過程も含めてつまびらかにしないことにします。
と言うのも、バイクの買取に関してはネット上でも様々な評判や憶測が乱れ飛んでおり、ここでごく特定の情報を提示しても、その混乱に拍車をかけるだけだと感じるからです。
私の場合、売った金額が妥当だったのかどうか、もはや知る術もありませんが、想定し覚悟していた金額よりもだいぶ高値の提示がありましたし、査定や交渉も含めて気分良く対応してもらったので手を打ちました。

それにしても、ほぼ4年ですか。
良いバイクでしたよ、VTR250は。
前にも書きましたが、特に最初のバイクとしてこれを選んだのは、我ながら正解だったと強く思います。
これによって私のバイクに対する価値観というものが築き上げられたと言っても良いでしょう。
なかなか遠くへ行くことも、毎日のように乗ることもできませんでしたが、色々と教えられたことは多かったです。

さあて、これからは自分の人生をもっとしっかり構築して、それからまたバイクに跨ることにいたしましょう。

…売った金で大型取りに行こうかしら…。
posted by Kei at 19:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

初盆初体験

これまでのお盆と言えば、私は九州から帰って来たら墓参りするだけで、後はブラブラしていて良かったのですが、今年は父親の初盆ということもあってバタバタしておりました。

まずは東京から帰省してくる兄夫婦を迎えます。
それからグループホームに入所している母親の面会。
お寺へ行っての集団供養、墓参り。
家では迎え火を炊いたり、盆提灯の飾り付けをしたり。

こういうことをしていると、家での代替わりというものを実感します。
とうとう両親の代から我々兄弟の代に、家内全般の取り仕切りの役目が移ったのだなぁと。
暑い最中、中には面倒くさい事も含まれますが、まぁ年に一回の事ですからキチンとしておくと気持ちも違ってくるというもの。

しかし考えてみれば、うちの父親はこういう信仰関係の行事ごとには消極的だった様な。
子どもの頃から迎え火なんて炊いた記憶ないし。
まぁ、やっておいて損はないんでしょうけどね。

さてさて、来月は父親の一周忌です。
その前に卒塔婆を買ってお寺に持って行くのを忘れないようにしなくては。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

葛藤中

最近、ちょっと迷っていまして。
バイクを処分するべきかどうかで。

理由は色々とあるんですがね。
まぁ、端的に言えば、自身の生活が軌道に乗るまでは身軽でいた方が良い様な気がしている、という感じですか。
無職の身、経済的な部分もそうですし、今後どこで職を得るかも分からない状態では、趣味のバイクを維持していくのも諸々面倒がつきまといます。

バイクは人生を豊かにしてくれますし、これからも趣味として続けていきたいという気持ちも強いのですが、なにせ自分の生活がまっとうに送れていることが大前提。
今はそういう状態ではないですからねぇ。
ここはいっそ処分した方が良いのかも、とか思うわけですよ。

む〜。
悩みますなぁ。

ともあれ、現在の愛車を処分したとしても、またいつかバイクには乗ることになるだろうとは思いますがね。
いや、乗ってみせる。
じゃないと、今まで買い集めたバイク用品が全部無駄になってしまうじゃないか。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

有朋自遠方来

昨日から今日にかけて神戸から知り合いが訪ねて来てくれましたので、ちょっとドライブついでに吹屋ふるさと村に遊びに行きました。
(吹屋ふるさと村がどういうスポットなのかは、昨年の記事を参考にしていただきたいと思います)

まずは昨年も訪れた広兼邸を回ってから、ふるさと村へ。

高梁市立吹屋小学校
これは国内最古と言われている現役の木造校舎です。
11080401.jpg

11080402.jpg

なんでも、児童数の減少のため今年度で廃校になるそうで、ちょっと寂しいですな。

ふるさと村のメインストリートはこんな感じ。
弁柄で彩られた赤みのある建物群が並んでいます。
11080403.jpg

ちょっと気になったお土産。
11080404.jpg

暑い日でしたが、多少標高があるので下界よりは涼しかったですね。
それにしても、本当に山中の集落って感じです。
生活するのも大変でしょうねぇ。
posted by Kei at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする