2011年06月29日

新品の匂い

梅雨だというのに真夏のような灼熱の日々が続いております倉敷地方。

そんな暑さに呼応するかの様に、先週、部屋のエアコンがぶっ壊れてしまいました。
風は出るんですが、全く冷えない。
これではただの大型扇風機です。

まぁ、もう古いしねぇ。

最初は専門の修理屋さんを呼んで診てもらおうかと思ったりもしたんですが、室外機が2階の屋根の上にあって手間賃もかかりそうだし、修理費に何万もかかる様ならいっそ新しくしても同じかな、と。

そんなことで、今日、新しいエアコンを取り付けしてもらいました。
(お金は兄が出してくれました)

さすがに新品は冷える!
断然冷える!
いや〜快適!

そして風から新車の匂いが。
ボロ家の汚い自室が、空気だけ真っさらになりましたよ。
はぁ、これで熱帯夜が来ても怖くない。

節電?
昼はエアコンカットです、我が家。
経済的な事情ですが。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

梅雨の風物詩

いや〜、今日から蒸し暑さもワンランクアップって感じで過ごしにくい一日でした。
梅雨の時期ってどうしても嫌われるものですから、ここは一つ気分を入れ替えて、梅雨なりの楽しみを探してみましょうかね。

ってことでお庭に出て、紫陽花の写真でも撮ってみました。

11062201.jpg

11062202.jpg

11062203.jpg

まぁ。
こんなことしても蒸し蒸しさ加減は弱まらないのですが…。
posted by Kei at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

何度目かの敗退

先週の金曜日の夜から土曜の昼にかけて、友人達と境港の方に釣りに行っておりました。
確か去年も同じ時期に行ったんですがね。
色々ありますが、家でクサクサしていても始まりませんし。

ただ今回、釣果の方が、これがまた。

同行した友人の一人はお馴染みの人なんですが、この友人とのコンビで爆釣した試しがない。
今回も、食いは渋いわ、雨は降ってくるわ、仕舞いには強い向かい風で釣りにならんわで。
明け方から雨具着込んで頑張ってたんですが、寒さも加わって、さすがに私は情けないながらも途中でドロップアウト。
結果はキスが10匹でした。
この時期の日本海でこれは酷い。
いや本当に。

まぁ、久々に野外で過ごせたんで良い気分転換にはなりましたがね。
もちろん釣った魚は友人宅で唐揚げにしてもらって美味しくいただきました。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

夜の味方

最近、ちょっと睡眠薬に頼っています。
まぁ睡眠薬と言うか、『レンドルミン』という軽い睡眠導入剤なんですけど。

夜中に横になって寝ようとしますよね。
そうすると色々な事が頭を駆け巡って、変な汗が出て来て、ほとんど眠れないってことがよくあるのです。
母親をグループホームに入所させる前後から顕著になってきて、今は2日に1回は服用していますかね。
もうそろそろ処方された量が底をついてきているぐらい。

これ、睡眠系の薬にしてはごく軽い方らしいのですが、私の場合は結構効きます。
飲んで15分ほどすると頭がクラクラしてきます。
そのまま寝床へ入ると、朝まで記憶Nothingですよ。
今ではちょっと慣れてしまい、途中で目覚めることもあるのですが、最初に使った時にはそのパワーにビックリしました。
そもそも睡眠薬自体が初めてでしたし。

ただ薬が無いと眠れないっていう事自体は何とかしないといけませんなぁ。
今は軽い抗うつ剤も飲んでいるため、なんだか薬漬けになりつつあります。
やはり人間たるもの、薬に頼ることなく心身健康でありたいものでございますな。
posted by Kei at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

正解が分からない

今週の月曜日。
認知症の母親がグループホームに入所しました。
正確には「入所させた」ですが。

週3で通っていたデイサービス併設のホームですので、朝、いつも通り送り出し夕方そのまま入所という、言ってみれば“だまし討ち”の様な格好。
当然、後ろめたい気持ちはなくなりません。

母親は認知症とは言ってもまだ「要介護1」です。
まだまだ自分の身の回りのことは出来ますし、自転車に乗ってパチンコに出かけたり、内容はトンチンカンながらも簡単な買い物はできるぐらい。
そういう状態ですから、ホームから「空きが出ました」と言われて入所を決断するまでには相当な葛藤がありました。

住み慣れた家でもう少し暮らさせてあげた方が本人の為ではないのか?
まだ私の仕事も見つかっていないし、もうちょっと面倒見られるのではないか?
最近のグループホームは質は良いとは言え、自由は束縛されるわけだし、可愛そうではないか?

そういったネガティブな考えも出て来ました。
実の親ですから、できるだけ平穏な晩年を過ごさせてあげたい。
これは当然のことです。

ただ、現実として横たわる生活上の問題。
1分前の事を忘れる。物をなくす。何よりもガスなどの不始末が恐ろしい。
もはや一人では安心して生活を送ることのできない悲しい現実。

私も人生半ばです。
このまま母親に付きっきりで生きていくわけにはいきません。
頭が正常だったらば「子どもに迷惑はかけたくない」と必ず言ったであろう母親の人格を思い出し、つらい決断をしました。

まだ6日目。
当の本人はまだまだ混乱の中にいることでしょう。
私だってそうです。
去年亡くなった父親の入院から、かれこれ1年近くも母親と二人で生活してきたわけですから。

木曜日、一度面会に行って来ました。
本人は父親の病院にいると思っている様でした。

「とにかく一度家に帰る」と。

そりゃあそうでしょう。
帰りたいでしょう。
見知らぬ場所で寝起きをし、周りを見れば、母親よりも重度の認知症の方々ばかり。
戸惑うのも当然のことです。

そんな母親を置いて帰る時の気持ちは、ここでは表現できません。
もちろん、在宅で認知症の介護を続ける人の方が数倍つらいでしょうが、施設に入所させたからと言って、全ての重荷から解き放たれるわけではないという現実も存在します。
認知症というのは、本当に悪魔のような病気なのだと思い知らされます。

これからずっと、母親はグループホームで生きていきます。
あの小さな世界で。
趣味もなく仕事一筋で子どもを育て、やっと引退して静かな老後を、という段になって自分は認知症、連れ合いはガンで早折。
なんという晩年でしょう。
悔しくて涙が出ます。
誰が悪いわけでもないのに。

私にできることは何なのでしょうか。
そして、正解はあるのでしょうか。
posted by Kei at 01:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

近況報告

長いこと更新していませんでした。

その間に、暦は梅雨に突入し、いよいよ夏に向かって助走態勢ですな。
いやぁ、暑いの苦手なんですけどね。

さてさて。
実は家の方でゴタゴタしておりまして。
まだしばらくは更新が滞る日々が続くと思われます。
落ち着いたらまたあらためて報告しますが、それまでしばしのさようならでございます。
posted by Kei at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする