2010年09月18日

宣告

今回は重い話です。

父親が入退院を繰り返していることは、これまでもここに書いてきました。
元々の病名は『胆管細胞癌』というもので、癌としては非常にたちの悪い種類です。
ネットで調べてみても、5年後生存率はかなり低く、予後は不良とされています。

ただ、4年前に別の検査で偶然発見された時は癌自体は非常に小さく、手術で綺麗に取ることが期待できましたし、実際手術はうまくいきました。
しかし2年後に肝臓への再発により再手術。
そして去年、胸骨への転移が見つかりました。
この時の手術はかなり大変で、胸骨の病巣部を取り除き、骨の代わりに樹脂を入れるというもので、その後の自発呼吸復帰までは数日ICUに入りっきりでした。

この手術で体力は大きく失ったものの一時は回復の望みも見えたのですが、昨年の末頃の血液検査で腫瘍マーカーが増大。
その後は抗がん剤治療を続けていました。
私が実家に帰って来てからも通院治療は継続していましたが、だんだんと抗がん剤でも抑えきれない状態になり、7月ぐらいからは胸水が溜まり始め、その為に何度か処置入院をしました。
続きを読む
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする