2010年08月31日

ローカルCM

とりあえず、生きてます。

なんか、ブログ書いても愚痴ばかりになりそうなんで、しばらく自重しておりました。
今後しばらくは同じ感じになるかと思いますが、決して倒れたりはしておりませんので。

こんなことで俺は負けん!


さてさて。

以前住んでいた福岡は、ローカルCMにもなかなかの名作が観られたものですが、ここ岡山・香川(岡山県と香川県は放送局が同じという特殊なエリアなのです)となると少々厳しい印象を受けておりました。
そんな中、久々にヒットを見つけましたよ。

『パンナポンパ』というクレンジング商品のCMなんですが。
内容的には、単にパンダのキャラが歌に合わせて踊るだけとか。
CM視聴はこちら

これが可愛いと言うかシュールと言うか。
何の製品訴求もしていないのですが、初めて観た時には笑いましたな。
冒頭の「イエーイッ!」というかけ声も、インパクト大。
ともかく、私には久々にヒットしたCMでしたわよ。

ちなみにこのCM。
一部アニメファンには別の意味で人気らしくて。
まぁ、その辺は深くは触れずにおこうかと思います。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

君に胸キュン

両親の件について色々と相談したいことがあったので、病院の相談窓口に行ってみました。
まぁ、相談したところで何かが早急に解決するはずもないのですが、もう自分自身何をどうして良いやら霧の中にいる様な状態ですし、そもそも普通の会話ができる相手が身近にいないので、話すだけでも少しは気が晴れるかと。

そうしたら、出てきたケースワーカーの女性が可愛いのなんの。
いや、可愛いというか、年齢的に表現すれば「美しい」。
年の頃は、そうですね〜、20代後半から、いってても32ぐらいだろーかと。
芸能人で言うと誰かに似ているんですが、それがどうしても思い出せない。
悔しいことに。
何が悔しいのか分かりませんが。

正直、人と面と向かって状況を話するだけで涙が出そうになる精神状態なんですよね、今。
そんな中、短時間でも随分と癒されました。

環境的にも精神的にも、決して恋愛モードに入ることはないのですが。
でも、何と言うか、久々に胸が高まりましたね〜。
雰囲気的には結婚してそうでしたけどね。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

中日?

日々、自分以外の事で忙殺されている毎日でして、なかなかブログまで手が回りません。
どうも今年は、ずっとこんな感じで終わりそうな気がしています。
ま、一生のうちに一年ぐらいはそんな年があっても良いのかも知れませんな。
つっても、私のこれまでの人生は回り道、立ち止まりの連続ですが。
いや、むしろ、着実に前進することが珍しかったりして。

さてさて。
そんな生活において数少ない楽しみの一つが、プロ野球なわけです。
嬉しいことに今のところ首位ですわ、阪神タイガース。
今のところは、ですけど。

プロ野球中継がお茶の間のブラウン管から消えて久しい昨今。
今夜は珍しく巨人vs阪神戦が地上波で放送してましたな。
現在、BSもCSも観られない私としては、久しぶりのプロ野球観戦にござったのですが、事前の予想通りタコ殴りになって負けしてしまいましたね〜。

ピッチャーいませんもんね〜、阪神。
出場選手登録されている投手で一線級と言えるのは、先発・中継ぎ・抑えも含めて5人ぐらいでしょうか。
外野の守備力でも一試合あたり2点ぐらいはハンデがありますから、そりゃもたないでしょうよ。

そうなるとやはり優勝候補は中日ですかね。
羨ましいですな〜、あの投手力は。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

祟りじゃ〜

お盆の土曜日、帰省している兄夫婦と高梁方面にドライブに行って来ました。

なんでも、『ロケみつ』という番組で、桜 稲垣早希が吹屋ふるさと村を訪れていたのを観て興味を惹かれたそうな。
て言うか、東京でも放送しているんですな、『ロケみつ』。
(ブログ旅の総集編だけらしいですが)

吹屋近辺は、江戸時代から銅山を中心として栄え、また銅から作られる弁柄(顔料)の製造で全国に知られておりました。
近代になってからは、例に漏れず銅山は閉山し、過疎化が進んでいる様ですが、当時の建築物などは観光資源として保存され生かさています。
いわゆる近代化遺産的な感じのスポットですな。

紅い弁柄色の建物が並ぶ吹屋ふるさと村中心部は、時間が遅かったこともあり、ゆっくりとは見て回れませんでしたが、そこからちょいと離れた場所にある旧広兼邸はちゃんと観光しました。

当時の大庄屋のお屋敷、旧広兼邸。
山合の集落を見下ろす高台に威容を放っております。
(画像では分かりづらいですが、かなりの大きさです)
10081501.jpg

上の画像を見て、「あ!」と思われた方は相当なミステリーフリークでしょう。
この広兼邸、横溝正史原作の『八つ墓村』の映像化にあたり、ロケに何度も使われた建物なのです。
(他、邸内は『獄門島』ロケにも使われたらしい)

この坂道を登って、多治見家に村人が押しかけたんですね。
10081502.jpg

実際、かなり独特な雰囲気のある屋敷ですよ。
一見の価値あり。

横溝正史という人は、戦争中に岡山に疎開していた時のイメージを元に後の作品を書いたそうでして。
まぁ、昔の岡山、特に北部の山村の様子なんて知りませんが、そんなに陰鬱な感じしますかね〜。
確かに津山三十人殺しなんていう、陰惨な事件も実際にはありましたが。

付近には坑道の跡なんかも観光施設として残されています。
一度ゆっくりとバイクで行きたい場所ですね。

ちなみに実際に行かれる場合、山間部にあるだけに、カーナビによっては相当妙ちくりんな道案内をされますので、事前にWebなどでルートは調べておくが吉です。
あたしゃ酷い目に遭いましたよ。。。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

よく観察し推理することだ

ここにきて、『シャーロック・ホームズ』にはまりつつある夏の夕暮れ@39歳にござります。
ご存じ、サー・アーサー・コナン・ドイルの探偵小説ですね。

ヒマに任せてiPadで青空文庫を読みまくっている話は以前にもしましたが、この中に、数作の短編が入っているんですよ。
読んでみると、なかなか面白いですなぁ、ホームズ。

実は恥ずかしながら、これまで原作を読んだことは全くありません。
英文学専攻のクセに。

私の中でのホームズと言えば、グラナダTV制作のところの、故ジェレミー・ブレット演ずるところの、あの名作『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズが全てでありました。
いや〜、あれは面白かった。
今でも、デジタル多チャンネルでは再放送が続いていると思いますがね。

このTVシリーズ、世界的にも評価が高いらしいのですが、これを観ると原作を読んだ気になってしまうのも事実でございます。
それぐらい出来が良い。
そんなことで、これまで原作には触れることがなかったのですよ。
なんとなく、自分の中のイメージが崩れるのが怖かった部分もありますし。
でもやはり、小説には小説の良さがありますな。

つーことで、青空文庫に収蔵されている作品は全て読んでしまったので、明日は本屋に出かけて短編集を何冊か買って来ようかと。

それにしても、です。
小説ってのは、読んでいる最中に頭の中で情景をイメージするものですが。

どーしても、ジェレミー・ブレットの顔が…。

私にとって、余程、彼のイメージが強いんでしょうな。
posted by Kei at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

復員兵

不肖VTR250、帰って参りました!

…て。
やっぱり完全に元通りというわけにはいかないみたいで。

ハンドルバーとトップブリッジとステムとベアリング関係諸々、新品に交換してあるんですが、どうも走っていると気持ちが悪い。
な〜んか、本当に微妙に右に向いている気がするんですよね。
特にメーター部は明らかに歪んでいます。

これって、組み付けミス?
それともフロントアクスル自体が左に傾いてる?

ま、気にしなければ無視できるレベルなんで、しばらく放っておこうとは思いますが、ひょっとして頭が右に曲がってるんじゃなくて、フレームが左にイッてたらヤだなと。

いずれにしても、とんだ災難とはこういうことですな。
posted by Kei at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

夏の風物

本当に毎日暑い日が続きますが、夏と言えば怪談ってのも風物詩。
なんだかんだ言って、結局みんな好きですよね。

私の場合、いわゆる霊感のカケラも持ち合わせていませんので、これまで霊的な体験はしたことありません。
中学生の頃、友人の家でそれに近い出来事はあったのですが、今思えばあれは風のイタズラだったように思えますし。

でも、“感じる人”は感じるみたいですな。
昔、身近にそのタイプの人がいましたので、私も時々怖い思いをさせられました。
いや、私が直接感じるのではなくて、怖がるその人が怖い、みたいな。

そういう経験があるので、私は霊的な事象を言下に否定する立場ではありません。
まぁ、たまにテレビなんかでやっている物の幾分かは、完全な創作とか、あるいは脚色が加えられているものも多々あるとは思いますが。

ただ、霊というか、人の思念というかね。
そういう物に対しては、やはり人間、畏怖の心を忘れてはならんと思うわけですよ。
戯れに心霊スポットに肝試しに行くなんてことはやっちゃいけません。

霊的な体験ではないのですが、不思議な体験なら一度あります。
本家のサイトでは書いたネタなんですがね。

もう6〜7年前ですが、九州の犬ヶ岳という山へ一人で登った時です。
幾度も登った山ですので、ずんずん歩いていたら、知らない間に道に迷いまして。
「あ、マズイな」と気が付いた直後、すぐ目の前の沢に何かの腰骨が転がっていたんですね。
で、そこは登山道ではないにも関わらず、タオルとかバンダナとかの遺物が木の枝に引っかかっている。

あの時は怖かった。
写真も撮れずにサッサと回れ右して戻りました。
まぁルートにはすぐ復帰できたのですが、不思議なことに、迷うはずもない様な場所から沢筋に迷い込んでいたんです。
「何かに呼び込まれたんじゃ?」なんてさすがに不気味に感じましたよ。

でもそれも考え方次第でしてね。
例えば、考え事でもしていて、ぼーっと沢筋に迷い込むなんてことは、人間ないとは言えません。
骨と人間の遺物が同一箇所にあったことも、そこは地形的に沢の増水時に何かが漂着しやすいスポットだったのかもしれない。
上流で死んだ野生動物の骨と別の場所で登山者が落とした物とが大雨かなんかで流れて来て、たまたまそこに一緒に止まったと。
そういう考えもできるわけです。

ま、しかしね。
必要以上に恐れる必要はないにしろ、決してないがしろにしてはいけない事ってあると思いますよ。

特に自然の中ではね。
(行間で何が言いたいかは、ご想像におまかせします)
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

臨界

どーでも良いですが、ちょっと本気で暑くないですか?
明らかにおかしいですよね。

日中なんて、冗談抜きに健康でも死を感じる暑さですよ。
他の地域は知りませんが、岡山は連日35度前後。
脳みそが頭蓋骨の中で沸騰しそうです。

いよいよ地球も狂ってきたんですかねぇ。。。

10080601.jpg
画像?
いや、まぁ。
何となく気分で。

この日は寒かったなぁ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

オッサン小学生

木曜日はメンズデー。
ということで、また映画を観に行って来ました。

いやいや、平日昼間にブラブラするのは非常に心苦しいのですが、いかんせん家に居ても鬱病になりそうなことばかりなんでね。

最初は『インセプション』とやらを観るつもりでしたが、時間が合わなかったので代わりに『ソルト』を観ることに。
アンジェリーナ・ジョリーの出ているヤツですな。

映画自体については今回のネタでありません。
ただ、私の憬れのストリート・トリプルのRがちょっとだけ登場したよ、と。
ほとんど音だけでしたけどね。

さてさて。
映画を観る前にトイレに行ったのですが、私が用を足していると、隣に小学校の低学年ぐらいの男の子がやって来ました。

この子、「漏れる!漏れる!」と連呼しながらのご入場。
で、用を足しはじめると「あ゛〜…。」「お゛〜…。」

オッサンか!?

男性の方は良く分かると思いますが、公共のトイレなんかに行くと、小用中にやたらうるさいオッサンっていますよね。
唸ったり、喘いだり、果ては状況を独り言で説明したり。
エクスタシーかと。

この子もアレと同じ。

ひょっとしたら身近にいる大人のマネでもしているのかもしれませんが、そんな歳からそんなクセつけてると、将来が心配ですな。
まぁ、要らぬ世話ですが。

ちなみに私の推察では、「小用中にうるさい男性は、エ○チの時にもうるさい」と踏んでおります。
残念ながら私は静かなタイプなので、この推察が真実かどうか知る術もありませんが。

(最後、下ネタかよ…)
posted by Kei at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

むきーっ!(続報3)

平日の夕方からヨダレくりくり昼寝してたら(国民の皆さんごめんなさい)、バイク屋から携帯に電話ありまして。

修理費、6万円ナリ…。。。
吾輩は武士ナリ…。。。

バラしてみたら、フロントフォークは無事だったんですが、代わりにステアリングステム(フロントフォークを支持する重要な部分)がねじれていた模様。

ありゃあ…。

ま、フォークが無事だっただけよしとするしかあるまいね。
心の中では「新品のフォークで乗り心地が良くなったよん♪」なんて情景も描いていたのですが。

ちなみに、盆前で作業が立て込んでいるらしく、VTR250は来週頭ぐらいまで入院継続です。
これは「暑いんだから、バイクなんて乗るのやめときなさい」という神からの啓示と受け取っておきましょう。


関係ないですが。
最近は地上波でとんとプロ野球中継やってませんな。
今日からの巨人×阪神三連戦なんて、相当な優良コンテンツだと思うのですがね。

今までは、何はなくともデジタル多チャンネルを装備していましたので何とも思いませんでしたが、実家ではBSすら観られませんからね。

おー、早く自分の部屋が欲しい。
その前に職が欲しい。
posted by Kei at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする