2010年07月31日

利器を使う

巷間、何かとバッシングが続くAppleですが。
ことにiPadについては、色んな所で言われ放題の印象もなきにしもあらず。
まー、ぶっちゃけ私に言わせれば、「要らなきゃ買わねば良い」だけの話なんですがね。

どこぞの著名アニメクリエイターみたいに、使っている人に対して皮肉を言うなんてのは、自らの価値観の狭さを宣伝している様なもので、あまり気持ちの良いもんではございません。
逆に、一部にある「iPadやiPhoneなんて使ってて当然っしょ」みたいな神格化もこれまた受け入れづらい。

道具なんてものは、「欲しい」と思った人が手に入れて、その人なりに使っていれば良いのです。
ただそれだけ。
何も騒ぐようなことじゃないと思うんですがね。

さてさて、私はと言えば、毎日使いまくりのiPadでございます。
買った当初は、私にとってWebへのアクセスツールとして唯一の存在。
その後、ゲームなどのアプリで遊ぶことがメインになり、最近になってようやく電子書籍閲覧ツールとしても活用しています。

サービス開始初期は、なかなか電子書籍を楽しむ環境が整っていませんでしたが(今でもですが)、この頃は多少実用になるサービスも増えてきまして、そこそこ使えるようになってきた感があります。
雑誌とか、結構チラ読みできるまでにはなりましたしね。

そんな中、私がはまっているのは『i文庫HD』にございます。
続きを読む
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする