2010年06月01日

目は口ほどに…

さてさて。
実家での居候生活も、はやひと月以上が経ったわけですが。

職が見付かる気配すらありませんな。

私の日常と言えば、ネットで職探しして、コーヒーでも飲みに行って、本屋を覗いて、家帰ってご飯作るくらい。
あとはたまにハローワーク行くとか、気分転換に映画観に行くとか。

時間だけはタップリあるので、バイクに跨がってどこぞにツーリングでも行っても良いのですが、なに分無職の分際で遊び回るのも気が引ける。
お金だって、前ほど自由にはなりませんし。
そんなことで、随分と地味な生活を送っとります。

まぁ、それはそれとして、どうも最近、ご近所さんの視線が痛いですな。
一人暮らししてた時は賃貸集合住宅ですから、ほとんど周囲からの干渉は気にせずに済みました。
しかし今は田舎の住宅地。
それなりに近所付き合いってのもあるわけです。

最初の頃こそ、「あら、息子さん?」なんて笑顔で声をかけられましたが、このドラ息子は平日の昼間っから無精ヒゲでコンビニの袋なんぞぶら下げてますからね。
それが一ヶ月以上も続くと、だんだん私の存在がアンタッチャブルになってもきますわね。
ただでさえ、パラサイト無職による犯罪なんてものもクローズアップされてるご時世ですし。

そんなこともあって、バイクのエンジンかけるのすら妙にためらわれて仕方ありません。
いや〜、世の無職人、負けずに頑張りましょうね。
posted by Kei at 21:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする