2010年04月16日

一つの提言

以前、書いたことありますが、私はグリコの『パナップ』が大好きです。
もう出た時から好きです。

最近では、盛んにCMも流れてますな。
ミルフィーユ仕立てでパリパリ感を訴求したとか。
昔からのファンでも、これはこれで新鮮で、なかなかに嬉しいリニューアルです。

今日も、所用で外出した際にコンビニで二つほど買って参りました。
落ち込んだ時には甘い物を食べるのが一番でございます。

が。

…コンビニの店員、こんなスプーン付けやがった(怒)。
10041601.jpg

「CS」という言葉があります。
衛星放送のことではありません。
「Customer Satisfaction」=「顧客満足」という意味です。
いかに顧客に対して商品やサービスで満足してもらえるかを追求し、それによって売り上げの向上を図る、というマーケティングが叫ばれて久しい昨今でございます。

で、スプーンの話に戻ります。
何がいけないかと申しますと、ほとんどの方がお気付きの様に。
10041602.jpg
届かねーんだよ! 物理的に!

まったく、バイトとは言え、何を考えて仕事しているんでしょうかね〜。
ちょっと考えれば分かることでしょうに。

私がなぜこんなに怒っているのか?
それは、「アイスは木のスプーンで食うのが一番美味いんだよ!」ってこってす。

アイスにキンキンの金属スプーンは似合わんのです!
舌に対する刺激が強すぎるのです!
その点、木のスプーンは口に優しく、また冷たいアイス食しタイムにあって、ほのかな木の温もりが子どもの頃の郷愁を思い起こさせ、結果的にそれがアイスの味をより美味に感じせしめる重要なファクターとして十二分な働きを担うのです!

…ぜぇぜぇ。

まぁ、あれです。
百歩譲って、家では代わりのスプーンがあるから良しとしましょう。
じゃあ、買ってすぐ屋外で食べる人はどうすんの?って話ですよ。
届きもしないスプーンで、イソップ童話のキツネよろしく底の方のアイスはあきらめるのか?
蜂蜜を舐めるクマみたいに手をベトベトに汚しながら無理くり短いスプーンで底までかっさらうのか?

…ぜぇぜぇ。

ともかく。
全国のコンビニ、並びにスーパーのレジ係の皆さん。

「パナップには長い木製スプーンを忘れず付属させること!」

これを肝に銘じて業務にあたっていただきたい。
posted by Kei at 03:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする