2009年12月06日

冬装備に悩む

昨日、東京から兄夫婦が来て、せっかくだからと門司港で旬のふぐをコースで堪能。
その幸福感で昼過ぎまで眠っておりました。
(いつものことという気もするが)

来週は土日とも仕事なので、今日を逃すとバイクに乗らない期間が長くなってしまう。
冬場はバッテリーにとってはつらい季節だし、なるべく動かしておいてやった方が良いのは分かっている。

だけど、外がね。
寒風がびゅーびゅー吹いてて、非常に寒そうなんですけど…。
ここは暖かいお部屋でコーヒーでも飲みながら、ハードディスクに溜まった番組でも観て過ごすことにしようかしら。

一瞬、そんな誘惑にもかられたが、結局は出かけることに。
まぁ出かけると言っても、近場をグルッと走るついでに南海部品に寄って買い物をするぐらいの予定。

ちなみに今日の装備は、長袖のTシャツにチェストプロテクター、GREEDYのジャケットから引っぺがした防寒ライナー、そして革のジャケット。
下は、ホームセンターで買ったロングタイツとウインドストッパーのジーンズ。

これでもね。
やっぱ寒いっすよ、はい。

そもそも思ったのだが、やはり春・秋と冬ではジャケットは別で用意するが吉ですな。
春・秋は、Tシャツの上に直にジャケットというパターンが多いし、それでサイズを合わせて購入すると、重ね着をする冬にはどうしたって窮屈になってしまう。
これに胸プロテクターまで入れようってんだから無理があるよ。

春・秋は今のジャケットがピッタリだから良いとして、冬用のヤツをサイズ大きめで新調したいところだ。
できれば革が良い。
そして肩・肘・脊椎にソフトでも良いからプロテクターが付いているもの。
もちろん防寒ライナー付属で、しかも重ね着を見越して余裕のあるサイズ。
これに高機能アンダーを組み合わせれば、真冬でもいけるんじゃない?

ま、結論から言うと、そんな金はないがな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする