2009年10月31日

痛恨の一夜

…やっちまったよ。
ブログの更新強化月間、残り二日というところで。。。

く〜!
我ながら詰めが甘い!

言い訳させてもらうとですね。
今月は予想以上に忙しくて、ここ三週間で休みが一日。
それでも頑張って毎日更新してきていたわけです。
しかしついに昨夜、矢尽き刀折れたという。

家に帰って来たのが22時過ぎ。
で、弁当を食べて、ちょっとソファに横になったのが運の尽き。
そのまま完璧にオチました。
1時頃、ちょっと目が覚めたものの、もはや意識は朦朧としており、靴下も脱がずベッドへ移動するだけが関の山。
気が付けば朝の7時でした。

この時に更新作業をしても良かったのだが、既に自分で決めたルールである3時を過ぎていたため、ここは潔く断筆。
あ〜あ、あと二日、ほんの二日だったのにさ。
「九十九里をもって半ばとす」か、良く言ったもんだな。


今日はハロウィーンです。
充電時の携帯の画面を見たら、こんな風になってました。
09103101.jpg
こういう演出、結構好き。
posted by Kei at 20:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

夢は夢のままで

すっかり忘れていたが、オータムジャンボ宝くじを10枚買っていた。
1等1億5千万。

…まぁ、当たるわきゃないけど。
私のくじ運のなさは、千里四方に轟き渡っているのである。

では早速、みずほ銀行のホームページにて当選番号を確認いたしませう。

1等・・・ハズレ!
前後組違い・・・トモニハズレ!
2等・・・ハズレ!
3等・・・ハズレ!

「水雷長! 何をやっておるか!」

4等・・・ハズレ!
5等・・・め、命中!

「おお! ついにやったか!」

同じく5等・・・命中!
6等・・・命中!(当然)

5等・・・2本的中
6等・・・1本的中
戦果・・・2,300円
購入費・・・3,000円
相対戦果・・・-700円

う、うむ。
2千円当たっただけでも幸福としようではないか。

しっかし宝くじって確率悪いギャンブルだよな。
さて、次は年末ジャンボか…。
posted by Kei at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

馬になる日

仕事で近くまで行ったので、ついでにちょっと見てきました。

西海岸に接岸中の海自護衛艦『くらま』。
09102801.jpg

続きを読む
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

支離滅裂な一日

一年のうちに何日かはあるが、今日は朝から不穏な気配の一日であった。

出勤前から家の前の道をパトカーがサイレンを鳴らしながら走る走る。
いざ出かけると、家のすぐ先に5、6台のパトカーが回転灯を回して停車し、警察官がわらわらと。
反対車線は丸っきり規制中。
「こりゃあ逃走車でも停めたかな」とも思ったが、詳細は不明。
でも、ぶっ壊れたバイクがトラックに積み込まれているのは目撃した。
まさか、バイク事故?

で、会社に着くと携帯電話を家に忘れたことに気づく。
昼に取りに帰らねばならなくなったが、今日は晴れなのに黄砂の影響で空はうっすら不気味な乳白色。

仕事上でも複数のトラブル発生。
夜は夜で、家からも見える関門海峡で護衛艦と貨物船との衝突炎上事故。
そしてこれを書いている今、また前の道を消防車がサイレンを鳴らして走っている。

やれやれ、今日は仏滅か?

さてさて。
城島のタイガース入団が決まりまして。
私は非常に嬉しいのだが、意外なことに、今回の件ではホークスファンだけではなくタイガースファンの中にも反対意見が多いみたいで。

確かに、今シーズン大きく成長した狩野の出場機会が減ることは確実である。
しかし、私の考えでは、良いキャッチャーは何人いても良い。
正捕手の矢野が途中離脱したおかげで優勝争いからずるずる転落したシーズンを、よもや忘れてはいないだろう。
キャッチャーはそうそう代えが効かないのである。
城島だって、来シーズン、ケガをしないとも限らない。

それよりも、私が城島に期待しているのは、先発ピッチャーの育成である。
これまでは矢野がその役目を担ってきたが、年齢からして今後あまり多くは出場できないだろうし、狩野はむしろまだ教わる方だと思う。
かつて、ホークス時代の城島が工藤に育てられた様に。

タイガースに捕手を育てられる先発投手がいればいいが、残念ながら先発陣は若手がやっと伸び始めてきたばかりで、捕手が投手を育てねばならない状況であろう。
そうやって育った投手が、今度は狩野を育てればいいじゃないか。

それと、ポスト金本。
金本は長い間頑張ってくれたが、やはりそろそろチームを引っ張る神通力は失いつつある。
しかし今のタイガースに金本の代わりを務められる選手もいない。
つくづく寂しい。

そうなるとですな。
城島は、金本の代わりにバッティングでチームを引っ張り、正捕手としてディフェンスの要となり、なおかつ投手の育成までも行うことを、みんなに期待されることになる。
こりゃあ大変ですよ。

まぁ、嫌な言い方をするとですね。
これまでアラフォートリオにおんぶに抱っこ状態で溜まったツケを、城島入団で一気に晴らそうと。
そういう首脳部の思惑が見え隠れするわけですな。

ま、それぐらい救世主とも言えるほどの、最上級の補強だと、私は思うのですよ。
頼みまっせ〜。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

三つ子の魂

小学館の『小学五年生』と『小学六年生』が休刊になるそうな。
とうとうそういう時代になりましたか…。

『小学○年生』シリーズは、私も子どもの頃に時々買ってもらった覚えがある。
そうか、休刊か。
って言うか、ニュースで最新号の表紙を見てたまげたね。
上戸彩の写真が表紙なのはまぁ分かるとして、『小学五年生』の巻頭見出しが「秋のベストヒットおしゃれBOOK」だってよ。
『小学六年生』の方にも「ミリタリーコレクション」なんて文字が見えるし。

小学生がファッションの記事を読みますか。
私の頃は、紙で作る付録が楽しみだったもんだが。
日光写真機とか。

ん〜、でも今思い出してみると、高学年の頃には学研の『科学』の方に行っちゃって、『小学○年生』は買ってなかったような気もするな〜。
ちなみに学研には『学習』ってのもあって、周りの友達はみんな両方とも購読してたのだが、なぜかうちは『科学』だけしかとってもらってなかった悲しい記憶が。。。
結構高いのよね、あれ。
教材が立派だから。

小学校の高学年頃って、複雑だからなぁ。
上の兄弟とか居れば、既にその頃には『ジャンプ』とかの少年漫画雑誌を読み始めているだろうし。
私の場合は、親父が時々買っていた『航空ファン』をむさぼる様に読んでいたこともあれば、たまにお小遣いで『Gun』なんて買っていたこともある気がする。

いやぁ、『Gun』を読みながら自動拳銃の動作の仕組みを初めて理解した時はかなり興奮したね。

今思うと相当に気持ち悪い小学生だな。
可愛くないな。
posted by Kei at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

時を制す者が戦いを制す

皆誰でも、自分の仕事とか日常生活には指針を持っていると思う。
私の場合は、それは時計である。
特に仕事の場合、腕時計を元に全ての行動を組み立てるクセがついている。
したがって、仕事中は常に腕時計をしているし、時間もできるだけ正確に合わせる様にしている。
腕時計をはめる=スイッチ・オンというわけだ。

昨今は、そこかしこに時計が存在しているし、無理に腕時計をしなくても困ることは少なくなった。
パソコンの画面を見れば時計があり、携帯電話を開けば時計があり、車に乗れば時計があり、である。

しかし腕時計という物は、常に身にあり、また持ち主がその状態を把握していることに意味がある。
この、自分の身体と一体となった機械は、単に時を刻むことしか能がないが、その存在の全てで持ち主へ時刻を伝えることに勤しんでいる。
パソコンの時計が5分進んでいようが、車の時計が10分遅れていようが関係無く、持ち主は、時に能動的に、時に受動的に、その腕にある時計とコミュニケーションをとりながら時刻を把握できる。

この受動的という部分が、実はとても重要だと思う。
腕時計をしていると、時刻を認知する頻度が増える。
それにより、行動のペース配分や次の行動への段取りなどが無意識のうちにできる。
携帯電話ではこうはいかない。
余程意識して「今何時?」と思わなければ、わざわざ開いて時間を見ることはないだろう。
その時点で既にワンテンポ遅れている可能性もある。

私はよく、腕時計をしていない人に対して「なんでしてないんですか?」と尋ねることがあるのだが、決まって答えは「携帯もあるし、いらない」である。
それは個人の考えだから別に良い。
でもね、そういう人に限って、しょっちゅう「今何時?」って聞くのよね…。
別に時間を教えるぐらいはどうってことないが、いい大人なんだから時間ぐらい自分自身で把握して欲しい。
と思う私は心が狭いのだろうか。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

黄昏れるぜ

今日は半月ぶりの休日である。
そして、もう今月は休みなしとか。

ギャラ上げろ!

…まぁ、そういう生臭い話は置いておいて、貴重な休日なので大切に使わねばもったいない。
このベスト・バイクシーズンであるから、久しぶりに志賀島にでも行くつもりだった。
つもりだったのだが、アラフォーの身ではここ2週間の激務の披露蓄積はバカにならず、結局起きたのは昼過ぎ。

なんかもう、どうでもよくなったな。

最近は17時半には暗くなるし、適当に近場をブラッとして終わりました。
しかも財布を忘れて途中で取りに帰るという、サザエさん的ミステイク。
別にお金を使うことはなかったのだが、財布には免許証が入っているので、万が一を考えるとやはり怖いのである。

下界に向かって愛を叫ぶ、の図。
09102401.jpg
しっかし汚ねぇガードレールだな。
posted by Kei at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

学習しない男

最近、自分はバカなんじゃないかと思う。

またやっちゃったよ、買い物の失敗。。。
またジャケットだよ。
またネットだよ。
学習能力がないのか?

今度はヤフオクである。

前回の失敗で意気消沈するどころか、逆に物欲に火が付いてしまい、気になるジャケットを片っ端からチェックしていたわけさ。
その中から2品を選んで、うんうん唸りながら悩んでいたわけさ。

一つは値段は安いが少々難あり。
もう一つは美品だがやはり高い。

ふ〜む、どうしましょうかねぇ。
とりあえず、高い方に軽くジャブで入札してみて様子を見ようかねぇ。
なになに? 「高値更新」とな。
もう少し予算があるから粘ってみるか。
よし! 「現在の最高入札者」!
ん? また「高値更新」か?
なかなかやるな! ではこれでどうだ!
(この間、2日の間の出来事)

ってあれ!?
なんか両方に入札してませんか? 僕…。

げ。

何をどう間違えたのか、2品に入札してしまったーっ!
しかも両方とも見事落札とか。
いやん。
似た様なジャケットを2着もどうすんだよ…?

今日、最初の方の品が届いたのだが、こっちはちょっと難ありの商品で、あまり状態には期待していなかった通り、やはりそれなり。
少々補修が必要な状況だす。
(自分で夜なべして縫うんだけどな、ちくちくと)

もう一つの高い方は、来週末ぐらいに到着の予定。
これの状態いかんでは、想像したくもないほどの凄惨な結末を迎えることになってしまう。
まさにハイリスク・ローリターン。

おお神よ、我を見捨てたもうな!
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

奇妙な偶然

ここ最近、私の知っている人物が二人、相次いで仕事をおっぽり出して逃走を図ったという話を聞いた。

ひょっとして最近、流行り?
職場放棄。


二人のうち一人は私より少し年下、もう一人はかなり年上である。
いずれも私とは過去に同じ職場だった人物であるが、それぞれ異なった会社で出会っているので(私は職を転々としているのだ、真似しちゃダメだよ)両者の間には何の関係もない。

で、まぁあれだ。
こういうことをする人物ってのは、やはり共通点があるもので。

私見だが、この二人を一言で表現するなら「無責任」。
もうこれにつきる。
(無責任じゃなきゃ仕事を放り投げて逃げたりできんか…)

何かあるとすぐ他人に責任を押しつける。
ことに弱い立場の人間(部下とか後輩)は利用しまくり、自分が責められそうになると他の何かに対して猛烈にキレる。
反面、強い者や外部の人間に対してはめっぽう愛想が良く、口が達者で、あまり親しくない相手には非常に受けが良い。
仕事はチャランポラン、いつも周囲を振り回している割に、自分ではデキるヤツだと勘違い。
少々ナルシストな面があり、もう一つ、やれ「○○が痛い」「□□が悪い」とか言ってすぐ休んだり遅刻したりする。

象徴的なセリフがあって、「コイツは俺が育てている!」。
でも実際は自分の業務を丸投げしているだけで、全然育てていなかったり。


しっかし、これからどうするんだろ?
状況を聞く限り、今さら職場に復帰できるとは思えんし、これだけ敵を作って“うしろゆびさされ組”状態で同じ業界で働くこともできんだろう。

ぶっちゃけ、身から出た錆だけどね。
posted by Kei at 23:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

やや安堵

ここ最近、ちょっと危惧していたことがあった。

それは新型iMac登場の噂。
なんでも、とうとうブルーレイを搭載してくるとかこないとか。

我が家のiMacは、無理をして春に新調したばかりである。
それがたった半年ほどで、その様な事態になってしまうのか!?
いやだ〜!
やめて〜!

っと思っていたわけ。
で、実際に登場した新型iMac。
ディスプレイが27インチオーバーになっていたり、最上級機種はクアッドコアになっていたりするが、ブルーレイは非搭載であった。

ふ〜、良かった良かった。
この程度のバージョンアップならば、私の使用環境であれば大差ない。
SDカードスロット搭載ってのは、ちょっと心くすぐられるものはあるが、これとて、カードリーダーを挿しっぱなしにしている今の状況では大きな違いはない。
ひとまずは安心と言ったところである。

しかしだね。
新製品登場のサイクルがちょっと早すぎやせんかね。
恐らくであるが、来年には今度こそブルーレイ搭載でモデルチェンジが行われるであろう。
じゃないと、27インチものディスプレイを積む理由がないものね。

しかしまぁ、こうも頻繁に更新されたのでは、パソコン買うのも博打みたいになってくるな。
posted by Kei at 02:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

あっはっは!

またこのネタを書く日が来ようとは。

サッカー日本代表チームの愛称。
『サムライ・ブルー』って。

旧ブログ、2006年1月27日で取り上げさせていただいたが、よもやまた同じネタで来るとは予想だにしていなかった。

コメントはもう削除してしまったのだが、その中では『ハラキリ・レッド』とか『ゲイシャ・ピンク』とか、色々遊ばせてもらった。

いやはやもう。
受けねらい?
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

写真に騙された

最近、ちょっとした失敗をしてしまった。

ネットでなかなか良さ気なジャケットを見つけ、安かったこともあり、ついついポチッと衝動買いしてしまったのだ。
で、到着した品を見て意気消沈。

やっぱね。
安い物は安いなりってことよ。

それで思い出したのだが、昨今の格安ジーンズの話。
これってどうなの?
そりゃあ長引く不況で少しでも支出は安くあげたいというのは分かるけれど。
品質はそれほど悪くはなく、そこそこ着られるものらしい。
個人的には、育ち盛りの子どもに着せるのなら、まぁアリだとは思う。

しかしこういう商品って、素材から縫製から全部中国でやってるヤツである。
おかげで国内のジーンズ業界は大打撃らしいじゃないか。
我が故郷のブランドである『ボブソン』もついにジーンズから撤退だそうだ。

私の前からの持論であるが、何でもかんでも「安く安く」って言ってると、仕舞いには自分達の首を絞めることになりはせんか?
食糧自給率の問題しかり、こうやって製造業の海外依存を加速化させていると、景気回復の助けにならないばかりか国内の経済悪化を後押ししている様なものである。
それどころか、今日までの日本を支えて来た“物づくりの火”がどんどん小さくなってしまう。
一度消えた火は、もう一度作ろうとしても簡単に熾せるものではない。

売る方は「お客様の為に少しでも安く」なんてことを言うが、個人的には「自分とこが儲かりゃ、それで良い」なんてな企業のエゴが見え隠れして、どうにも受け入れがたいものがあるのだな。

ま、今回の失敗で改めて考えさせられたわけですよ。
しっかしこれ、どうしようかな〜。
『漫画倉庫』にでも売りに行くしかないか…。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

この痛みが戒めになってるのさ

先週末に角島ツーリングに行った頃から、なんか右の手首が痛い。
ズキッとするというよりも、鈍痛という感じ。

最初はアクセル操作で疲れたのかブレーキレバーの角度が悪いのか、そのどちらかだろうと思っていたのだが、どうもそうでもなさそう。
今までバイクに乗っていて右の手首が痛くなったことはないし、レバーの角度は吟味に吟味を重ねて調整してあるのだ。

それでふと思い出した。
きっとあれだ。

先々週、現場で仕事の機材を移動させようとした時、思い切り右手首を挟まれたことがありまして。
その上に捻られまして。
まぁ言えば、ホイス・グレイシーばりのリストロック状態ですな。

そんなことはすっかり忘れていたのだが、バイクに乗って手首を使う動作を繰り返しているうちに痛みが再発したらしい。
もうだいぶ良くなっているが、いやいや、仕事中は気を抜いては行けませんな、って話。

09101801.jpg
え?写真?
特に意味はないよ。
仕事中にちょっと撮っただけ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

人は俺を『晴れ男』と呼ぶ

今日は、「こんなの四十前のオッサンがする様な仕事じゃねぇ!」ってな感じの労働をしてまいりましたので、もう頭の天辺から足の爪先までボロボロであります。

あのね。
もう若くないから、見た目以上にダメージきてるんですよ。
童顔でも疲れるものは疲れるんですよ。

ちなみに、今日の天気は週間予報では雨だったのに、実際は晴れ。
見たか!俺の晴れ男ぶりを!
だてに『晴れの国、岡山』で育ってないぞ!

うん。
仕事では晴れるんですよ、完璧に。
これが遊びだってごらん、絶対に雨降ってるんだから。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

過ぎゆく季節

更新強化月間もようやく半ばに来た。

実際、想像したより厳しいですな。
今月は特に仕事も忙しいし、これは時期を間違えたかな。
うっかりソファでうたた寝もできやしない。

さてさて。
それはそれとして、夜毎『ツーリングマップル』を繰りながら、今週末はバイクでどこへ行こうかしら、と薄ぼんやり考えていた。

久しぶりに福岡方面に足を伸ばしてみちゃうか?志賀島とか。
いやいや、国東半島も面白そうだにょ〜。
などと。

そうやって逡巡しながらも楽しい時を過ごしていたら、土日とも仕事が入ってしまったというオチ。
と言うか、今月はもう後1日しか休めそうにないぞ。

く〜!
せっかくバイクのベストシーズンだと言うのに!
来月になっちゃうと、もう朝夕は寒くなるし、日が落ちるのも早くなってしまう。
この鬱憤は、どっかで平日に半休とって、築城に自衛隊機でも見に行くことで晴らすしかないな。
うん、そうしよう。
posted by Kei at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

駐車場の出来事

今日の夕方、会社が借りている月極駐車場に2匹の犬がいた。
両方とも鈴付の首輪をしていたので飼い犬だとは思うが、それにしても妙な場所にいるものだ、と気になった。

夜になり、帰宅しようとその駐車場を歩いていると、1台のバンが通路を走って来た。
その直後。

キャイン!キャイン!キャイン!と、ものすごい犬の悲鳴。

あ!
まさか、アイツひかれたか!?

ドキドキしながら鳴き声の方を見ると、昼間の犬がキャンキャン鳴きながら走っている。
傍らには、心配そうに併走するもう一匹の犬。

走っているということは、少なくとも致命的なケガはしていないだろう。
ちょっと安心すると同時に、そもそも事故にあったのか?という疑問も。

その2匹、バンの方へ一目散に駆けて行く。
今ではもう、悲鳴もない。

む〜、ナゾな行動だ。
もしかして、バンは飼い主で、帰って来たことに対して喜んで吠えていたのかもしれん。
しかし、あの悲鳴はただ事じゃなかったしなぁ。
足の先でも踏まれたのかもなぁ。

どうにも心に引っかかってしょうがない。
スッキリせん。
それ以前に、犬はちゃんと管理して飼えよ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

春秋用グローブ

8月も終わりの頃、VTR250の12ヶ月点検にホンダドリームへ行った際、見つけて購入したのがこのグローブ。
09101401.jpg
HYODのSTG004 B-4。
しばらく寝かせてあったのだが、ようやく涼しくなり始めた先月末ぐらいから実戦投入である。

私の場合はいつもなのだが、指のサイズが合っていても全体(特に手首回り)が少々だぶつくのが、グローブ選びのつらいところ。
しかしこのグローブは、試着した時のフィット感が今までのよりも数段良かったので購入に至った。
デザインは素っ気ないほどシンプルであるが、逆にそれが革のジャケットにも合わせやすい。
もちろん、プロテクションを含め必要な機能はキチンと備えられている。

色については若干の微妙さを感じてしまう。
もっと濃い茶色が良かったのだが、残念ながらこれしかなかったのでしょうがない。
元々、セールで安く売られていた品なので文句も言えまい。

グローブって、春秋用が一番手にしっくりくるよね。
夏用のメッシュは今ひとつペナペナ感が頼りないし、冬用はごわついて操作性が犠牲になる。
革の春秋用が適度な厚みがあって、一番バイクに乗るのに適している感じがする。

もっとも、そういう一番良い季節ってのは、あっという間に過ぎ去ってしまうものなのだが…。
このグローブも、あと1ヶ月かそこらで、もう寒くて使えなくなっちゃうんだろうな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

変な夢

最近、変な夢を立て続けに見る。

一番変だったのは、握り拳はあろうかという巨大なスズメバチが、私の耳元で「ぶお〜ん」と羽ばたいている夢。
何をするでもなく、ただ羽ばたいている。
怖いぞ〜。

昨日見たのは、某有名女性アスリートと、実家の近くの路地でバドミントンをしている夢。
その後、二人でコンビニに弁当を買いに行くという。
もうわけわからん。

睡眠の秋、ですな。
posted by Kei at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

頭痛を振り払う

天気が良くて気持ちの良い日だが、朝からなんか頭が痛い。
昨日、仕事で一日中屋外にいたので、紫外線で目をやられ、日焼けもしたせいだと思う。
よって、昼過ぎまで部屋でグダグダしていたのだが、さすがにこれはもったいないと感じ、痛い頭を振りながら軽くひとっ走りしてまいりました。

いつもの様に関門橋の下でおでんを食べようと計画するものの、連休最終日ということで賑わい多し。
そのまま通過して、この間仕事中に見つけた白野江のレストランでとんかつ定食をかっ喰らう。
それから新門司港〜平尾台と回って帰宅。
まぁ、ほんの70キロほどです。

海にお船を浮かばせて。
行ってみたいな、よその国、と。
09101201.jpg

あ〜、頭いて。
posted by Kei at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

これが執着心というものか?

自分でも少々神経質かもしれないと思いながら、いつも財布の中にはキレイなお札を奥に仕舞い、汚いお札をすぐに使う手前側に持ってくる様にしている。
裏表上下もキチンと揃えるし、当然、財布はお札を折らずに収納できる長財布である。
ちょっとした買い物で一万円札とか五千円札を使った時に、汚いお札がお釣りとして返って来ると悲しくなってしまう。

なぜかと言うと、お金に対する敬意を忘れたくないからである。
私はどちらかと言うと、お金はあればあっただけ使う方だし、もっとたくさんもらって、もっとたくさん使いたいと常に思っている。
それでも、お金は丁寧に扱いたい。

だって、大多数の人にとってお金は、下げたくない頭を下げたり、地味で細かい作業を続けたり、危険で汚い現場で働いたりして得た大切な物であろう。
そんな大切なお金を、ポケットに突っ込んでクチャクチャにしたりなんていうのは忍びないと思うのだ。

確かにお金はそれ自体に価値があるわけではなく、それと引き換えに得られる何かの方に価値があるわけで、考えようによっては“ただの引換券”と言えなくもない。
言えなくもないのだが、本当にそういうものだろうか。

コンビニで、端っこが折れ曲がってしわくちゃになった千円札をお釣りで受け取った時、これの元の持ち主はどういう気持ちでお金を見ているのか、とても不思議な気持ちになるのである。
posted by Kei at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする