2008年12月21日

史上最強の生物

今さらながら、『ゴジラ FINAL WARS』を観た。

ゴジラ映画というと、怪獣が最高に魅力的なのに比してストーリーが貧弱と言うか子どもだましと言うか、ともかく成熟した大人がのめり込むにはキツい展開が多くて間延びする感じがあるのだが、この作品は映像もストーリーもこれまでにないぐらい随分とスピーディで飽きさせない。

加えてこの作品、怪獣vs怪獣の格闘シーンが目白押し。
そしてまぁ、ゴジラの強いこと強いこと。
宇宙人に操られた並み居る怪獣どもをバッサバッサと叩き潰していく。
その強さは気持ちが良いぐらい圧倒的で、最後の変形キングギドラにこそ苦戦するものの、エネルギーを再充填されてからは秒殺である。

これがゴジラシリーズの最終作なのだが、それにふさわしい最高作ではあるまいか。
ハードディスクに録画してあるので、もう一回は観たいな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする