2008年12月13日

大型二輪の怖さ

大型二輪免許の卒検中に壁に激突して亡くなった方が。。。

やっぱりね、大型二輪、特に750以上は誰もが乗れる、いや、乗って良い代物じゃないということを思い知らされる事故なわけで。

そうは言っても国内では中型以下のラインナップが少なくなる一方で選択肢はどんどん減って行く。
そんな中で出て来る中型の新モデルは価格的に大型と大差ない。
こういう状況で多くのライダーが大型へステップアップしたくなるのは当然である。

でもやっぱり、なんかこう引っ掛かると言うか、今のままが正常だとは思えないなぁ。
昔の限定解除みたいに鬼のように狭い門にする必要はないけれど、かと言って誰もが簡単に大型に乗れる状況も考えたら恐ろしい。

バイク雑誌を読んでたら、現在の登録小型二輪車(251cc以上)の10台に1台はハーレーだってよ。
やっぱりなんか引っ掛かるよね。
posted by Kei at 23:59 | Comment(9) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする