2008年10月17日

優先順位

「こんにゃくゼリー、メーカーに激励の声殺到」

おかしなことがまかり通る昨今だが、たまにはまっとうな考えが主流になることもあるもんだ。

だいたい、何でもかんでもすぐに規制しようとする安直さがおぞましい。
何か起こればすぐに「ダメ!」と断罪するのでは、何の成長もないではないか。
そこに文化は生まれるのか?

亡くなった子どもは可愛そうだが、防げた事故である。
もしメーカーが潰れた時、社員の生活を国が面倒見るわけでもあるまい。

それよりも、中国からの輸入に頼る日本の食糧構造を根本から叩き直す方がずっと先決だと思うぞ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする