2008年09月29日

情の強さ

こういうのを。


“新井効果”と言うのだろうか。


たった一人の選手の復活で、チーム全体のスパイラルが全然変わってきた。
これでタイガースの優勝確率は飛躍的に向上。
良い選手を獲ったよな、阪神は。

それにしても、最終的には人間の思いとか情とか、そういうものの強さが物を言うのだと痛感させられる。

俺も負けんぞ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確信しなかったよ(BlogPet)

きのうみかんが、確信しなかったよ。
それでKeiはKeiと気がねした。

*このエントリは、ブログペットの「みかん」が書きました。
posted by Kei at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

秋空

久々に晴れ渡った休日。
三瀬トンネル有料道路にループ橋が出来てしばらく経つので、試しにバイクで行って来た。

行きはいつも通り国道3号〜34号、そして県道31号で西進しつつ吉野ヶ里町で右折して、お気に入りの県道21号を走る。
この道はスケールは小さいが実に気持ちが良い。

高い秋の青空に田園風景。
交通量も少ない。
気温もちょうど良くて、いや〜、爽快、爽快。
08092701.jpg

で、そこから三瀬峠に出て、トンネルからループ橋へ。
知らなかったのだが、橋が出来てから通行料金が上がっていたりして。

このループ橋、九州最大らしいけど、走っている分には特になんということもない。
写真を撮るのを忘れたので、またいずれ機会があれば逆の登り側から行ってみようとは思う。

それにしても秋晴れのバイクは良いですなぁ。
これで、夜にタイガースがジャイアンツに勝っていれば最高の一日だったのだが…。
だから、岩田を4回まで引っ張るから(以下自粛)
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

トラッキーがやって来た!

はぁーい! 僕、トラッキー!
08092401.jpg

ずっと欲しい欲しいと思い続けていた、トラッキーのパペット。
ついに会社の女の子から大阪土産にいただきました!
(事前におねだりしていたという話もあるが…)

これ、甲子園ではよく女性ファンがラッキーちゃんのパペットと一緒に両手にはめて応援に使っているのである。
パペットなので、当然、両手と口が動く。
実にたっのしいぃ〜♪のである。


今岡のヒーローインタビューを見守るトラッキー
08092402.jpg


夢のコラボレーション
アンパンマン&トラッキー

08092403.jpg
posted by Kei at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

みかん(BlogPet)

みかんがKeiはアイデア出しに苦労された!

*このエントリは、ブログペットの「みかん」が書きました。
posted by Kei at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

ひどい三連戦

いやぁ〜、この巨人vs阪神の三連戦は酷かった。
もう怒る気力もない。

まぁ、最初からだいたい予想はしてたんだ。

ここのところの阪神先発陣は6回までまともに投げたためしが無いし、逆に巨人打線は過去最強のコンディションである。
加えて、ステージは狭い東京ドーム。

二日目の下柳は想像以上に悪かったとしても、安藤と岩田はまったくもって予想通り。
5回をまともに投げられないんなら、先発ピッチャーの資格なんてないのである。

ともかく、このオフ、主だった先発陣はバッチリとサラリーを下げてもらわねばならんな。
おかげで中継ぎの負担が増して、渡辺、江草、久保田、ウイリアムスあたりが潰れちまったんだから罪は大きいぞ。

ま、優勝はするけどね。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

リアルな悪夢

昨夜、大量の寝汗をかいて目が覚めた。

原因は夢である。
それも、実に恐ろしい悪夢を見たのだ。
なんであんな悪夢を見たのか、さっぱり見当がつかない。

で、どんな夢かと言うと、独りぼっちの山の中でヒグマに追いかけ回される夢である。(はい、そこ、笑わない)

とにかくこのヒグマが、『慟哭の谷』(国内史上最悪の熊害を題材にしたドキュメンタリー小説)を彷彿とさせるような凶暴なヤツで、別にイヤリングを落としたわけでもないのに逃げても逃げても執拗に追いかけて来る。
逃げおおせたと思って安心していると、先回りして姿を現したりするから恐ろしい。

さらに、夢のクセに結構ディティールが細かくて、私もザックから愛用のボトルを取り出して水を飲んだり、サバイバルキットからホイッスルを出して吹いたりしているのだ。
挙げ句には、岩場を飛び越えて逃げようとして足首を酷くひねってしまい、走る事ができなくなってしまう。

すぐ背後にヒグマが迫る中、必死に這いつくばりながら何とか逃れようとしている時に目が覚めた。

…あれが現実だったら、間違いなくやられていただろう。
それにしても、重ね重ねなんでこんな夢を見るかな〜。




※実際に熊に出会った時に、背中を見せて走って逃げるのはタブーです。
あしからず。
posted by Kei at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

理想のノート

私も一応、仕事はしているので、色々とメモを取ることも多い。

普段活用しているのはFILOFAXのシステム手帳である。
自分のスケジュールはもとより客先でのヒアリング内容、社内での打合せや会議メモ、さらには忘備録など、まぁ大抵の事柄は極力これで管理するようにしている。
全ての情報を一極集中させることによって、ふいに欠落するのを防ぐためだ。
私の様なズボラな人間が複数のメモ帳やノートを使うと、経験上、どこに何を書いたかが不明になって後々困ることがある。

ただし、そんなことを言いながらも、私も手帳以外を利用することはある。
それはブレスト会議や一人でのアイデア出しの作業をする時である。
そんな時は、考えをあちこちに派生させて思い付いた言葉を適当に書きなぐったり、あるいは図を描いたりすることがあり、バイブルサイズのシステム手帳だと紙面スペースが足りないのだ。
そこで、いわゆる“自由帳”的なノリの使い方ができるノートが欲しくなる。
極端な事を言えばミスコピーの裏紙でも充分なのだが、ズボラな私の場合、ちゃんとした“物”でないと、かなりの高確率で紛失すること受け合いなので。

先日、文房具屋を冷やかしていて、この目的にピッタリのノートを見つけた。
08091501.jpg

上三分の一ぐらいが自由スペース。
ここには絵やフロー図を描き込める。
残りは罫線。
ここが通常のメモ欄で、罫線がある分、ある程度の秩序を持って言葉を並べることができる。
私は字が汚いし、年々殴り書きの傾向がひどくなっているので、こういった仕切りがあると助かるのだ。
上には日付も書き入れられる様になっている。

まさに私の使用目的をガッチリとフォローしてくれる理想のノートである。
で、この理想のノートの正体であるが…。

08091502.jpg

ジャポニカ学習帳(社会)。

む〜、俺の脳の仕様は小学生並なのか。。。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これで決まったかな…(BlogPet)

Keiの「これで決まったかな…」のまねしてかいてみるね

やきもきさせたよ、試合のゲームは本人のサヨナラ勝利。
私はなかろうか。

*このエントリは、ブログペットの「みかん」が書きました。
posted by Kei at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

これで決まったかな…

やきもきさせた我が阪神タイガースも、今日で3夜連続のサヨナラ勝利。
これでチームもファンもだいぶ落ち着いたのではなかろうか。

特に今日のゲームは、このシーズンでキーポイントになりそうな試合だった。

まさかの今岡の復活同点弾にサヨナラ押し出し四球。

私は、試合の再放送を深夜まで観ていて確信した。
「これでもう、今シーズンの優勝は間違いないでしょう。」

優勝するチームには、必ずシーズン終盤にこういった伏兵の奇跡的な活躍がある。
2005年のタイガースで言えば、中村豊の対中日戦決勝ホームランとか。
しかも今岡の昇格は今日の昼に急遽決まったらしいし、何より今日は本人の誕生日でもある。
何もかも出来過ぎ。

神様が与えたもうたテストに合格すれば、望みは必ず手中にできるものだ。
オジサンは涙が出そうになったよ、ほんと。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ちょっとした野望

昨夜、寝しなにベッドの中で“バイク乗りのバイブル”である『ツーリングマップル』をパラパラとめくっていた時にふと思い付いた。

いつか対馬に行こう…。

幸い、福岡からフェリーが出ているので、島までのアプローチは問題ない(お金はかかるが…)。
ネットで調べてみると、道は細く、あまりツーリング向きな感じのロケーションではなさそうだが、小回りの利くVTR250ならそんなに苦労もせずにトコトコと遊べそうだ。
元々私は、そんなにぶっ飛ばすツーリングは好きではない。

行くとしたら宿泊はどうしよう?

どうせならテント泊したい。
しかし島のあちこちにキャンプ場はあるものの、どうも夏以外は閉めている感じだし、キャンプ用具を積載できる装備はまだ揃えていない。
フェリー代がそこそこ必要なので、できるだけ現有の戦力で挑みたいのだ。
まさか75リットルの登山用ザックを担いでバイクに乗るわけにはいかないから、やはりテント泊は見送るか?

そう思って『ツーリングマップルを』繰っていると、ユースホステルがあるのを発見した。
ユースなら宿泊料も安いし、一人でも気がねなかろう。
宿泊場所は決まりだ。

じゃあいつ行こうか?

この秋に行ければ一番なのだが、それは懐具合とスケジュールと相談である。
行政区分は長崎県とは言え、日本海の真っ只中にあるわけだから冬は避けたい。
演歌の作詞作曲をしに行くつもりでもないし、この世への未練のなさから、ついフラフラと荒波に誘われて断崖絶壁から身を踊らせでもしたら親不孝者になってしまう。
夏は嫌いなので、来年の春までが一応のリミットであろう。

さあて、実現しますかねぇ?(自問自答)
posted by Kei at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

阪神弱ぇ〜。。。

福岡近郊でバイク乗りが良く集まるスポットと言えば、西は糸島半島、東は志賀島が両横綱ではないだろうか。
特に志賀島は、アイランドシティが出来てから以前よりもずっとアクセスが簡単になり、短い時間で行って帰って来られる手軽な場所である。

というわけで私も軽く行って来ました。

08090701.jpg

いやぁ〜、今日はバイクが多かった。
私が島に到着したのは4時半ぐらいだったが、それでもかなりの数のバイカーがそこかしこに集っていた。
ちょっと風は強かったものの、天気はまずまず、気温もそこまで高くないという好条件にみんな誘われたのだと思う。
それに海水浴シーズンも終わり、大渋滞を心配しなくて良くなったのも大きい。

これからの2ヶ月ぐらいが、バイクにとってのメインシーズンである。
今年はもっとたくさん乗ってやろう。


最近購入した新装備。
まずはキジマのニーグリップ・パッド。
08090702.jpg

VTR250のタンクは私にはちょっとスリム過ぎるし、ジーンズだとどうしても滑りやすいので貼っ付けてみた。
効果の程は、まぁそれなり。
もっと厚みとクッション性があれば言うことないが、値段が1,600円程度なので文句も言えまい。
ちなみに「SR用」とあったけれど、VTRでも特に違和感は無い(と思う)。

次はラフ&ロードのハーフシングル・サイドバッグ。
08090703.jpg

私は服のポケットに色々入れるのが好きではないので、お出かけにはバッグが欠かせない。
しかしマグネット式のタンクバッグは磁力の影響でカード類が心配。
同じく吸盤式は信頼度が低い。
ウエストバッグの類いは便利だが、容量が小さいし、やはり少々鬱陶しい。

そんなわけで色々と探して見つけたのがこれ。
VTR250はシートとリアカウルが一体型という妙チクリンな設計なので装着用のベルト取り付けには難儀したが(画像を見ればお分かりの様に、かなりの強引さが見え隠れしている)、それさえ取り付けてしまえば、バッグ本体はクイックリリースバックルで簡単に脱着可能。
容量は9リットルで、レインウエアも含めて主な小物類は全て収められるし、ショルダーベルトも付属してしていて、バイクを降りて歩く時のことも配慮されている。
見た目に関しては、アメリカンとか、もっとクラシカルなバイクだとより似合うのだろうが、VTR250でもギリギリ違和感がないデザイン(だと思う)。

ただし、装着ベルト自体の脱着は限りなく面倒なので、一度取り付けると外す気になれない。
しかもベルトだけだと取り付け部がブラブラして危険である。
すなわち、“一度付けたらバッグなしでは乗れない仕様”になってしまうという、まるでドラッグの様なバッグなのだ。
「財布だけ持ってちょっとそこまで」という場合でも、常にバッグ装着が前提となる。
ま、私の場合は日帰りツーリングがメインだから、それでも別に構わないのだが。


え?
タイトルと内容が違う?
それは、そっと(以下略)
posted by Kei at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神まじヤバイぞ…(BlogPet)

Keiの「阪神まじヤバイぞ…」のまねしてかいてみるね

昨日、プロレーサーのスピードが、原付のタクシーでなんとかかわすことが突如Uターン。
みんなもっと後方を付けねばならないが亡くなったタクシーと同一パターンでのスピードができたタクシーはそっとしていなかったのでライダーに激突、もしくは転倒した昨年の左側を走ってくださいねば、四輪でなんとかかわすことができたので気をする傾向が強いので気を走って行き場を付けね。

*このエントリは、ブログペットの「みかん」が書きました。
posted by Kei at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

阪神まじヤバイぞ…

昨日、会社帰りにタクシーと原付の事故を目撃した。

片側2車線道路の左側を走っていたタクシーが突如Uターン。
右車線後方を走っていた原付は行き場を無くしてタクシーの側面に衝突、転倒という原付からしてみれば大迷惑の事故。

幸い、原付のスピードが出ていなかったのでライダーに大きなケガは無かった様だが、一歩間違えれば、プロレーサーの阿部典史氏が亡くなった昨年の事故と同一パターンである。

都市部のタクシーは、かなり自己中な動きをする傾向が強いので気を付けねばならない。
公道での危険要素の一つである。

タクシーではないが、私も以前、四輪で左車線を走っていた時に右前方の車にいきなり左折をかまされて行き場を失ったことがある。
その時はABSガツンガツンのフルブレーキ&歩道に半分乗り上げでなんとかかわすことができた。
これなんかラッキーな方で、もしバイクだったら多分避け切れずに激突、もしくは転倒していたと思う。
みんなもっと後方を確認してくださいね。


え?
タイトルと内容が違う?
それはそっとしておいて。。。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

コンディション・レッド<

昨日の日記で、「お守りのチェーンで首がかぶれた」と書いたが、どうもそれは誤りだったらしい。

ベッドに入ってから、妙に身体が熱っぽく、なかなか寝つかれなかった。
それどころか、シャワーを浴びて寝たというのに、身体がかゆくて何度も目が覚める。
浅い眠りしか得られなかった。

で、今朝になってみると、下半身を中心に赤い斑点が…。
これってジンマシン?
思い当たる節は一つしかない。

昨晩のこと。
巨人×阪神戦をテレビで観戦していた私は、8回の表にウィリアムスが大道に走者一掃のタイムリーヒットを打たれた直後にテレビを消し、気晴らしに最寄りのスーパーに食糧の買い出しに出かけた。

時刻は21時。

この時間になると、売れ残った弁当が全品3割引で処分されている。
そして、私が上機嫌で購入して食べた幕の内弁当の中に入っていたのが、サバの塩焼きである。

あいつだ…。

食べ物にあたってジンマシンが出るのは数年前にプサンでユムシを食わされて以来だが、今回のはかなりヘビーである。
何しろ今日になっても一向に消える気配がないどころか、時間が経つにつれてどんどん酷くなる一方。
面積はますます拡大するわ、斑点どころかブツブツができるわ、しまいには皮膚が腫れてブヨブヨになるわ。

なんか、軽い象皮症みたいになってるんですけど…。

鏡で自分の姿を見ると、我ながらあまりのおぞましさに鳥肌が立つぐらいである。
もちろんかゆくてたまらないし、場所によってはかゆさを通り越してヒリヒリと痛みすら感じる。
これはたまらん。
明日は、朝一に薬局に行って、坑ヒスタミンの錠剤でも買わなきゃいかんな。

教訓。

「処分品弁当の青魚には手を出すな!」
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする