2008年08月24日

12ヶ月点検に行く

VTR250の12ヶ月点検に行って来た。

前回の点検が3月。
この夏は暑さに負けてほとんど乗っていないので走行距離はあんまり伸びていないが、それでも半年は経っているわけだから、ついでにオイルも交換せねばならない。

私の場合、自分でできるメンテはチェーンの清掃と注油、それにタイヤ空気圧の管理ぐらいで、後はショップ任せである。
技術と手間と時間をお金で買うわけで、それに対して若干の引け目は感じるものの、要はバイクを正常な状態に維持できるのが一番であるから、そこは割り切っている。

作業の間、店内を見て回る。
初めてここに来た時は、大き過ぎて畏れを抱かせたバイク達が、今では親しみさえ感じさせる。
これはやはり“慣れ”というものだろうか。

CBR1000RRのトリコロールカラーや、CBR600RRのコニカミノルタカラーを眺めてアドレナリンを分泌させていると、中古車コーナーに気になるバイクを見つけた。

光り輝く四本出しのマフラー。
お、これはCB400 FOURじゃないか!
カッコ良い〜!
欲っしぇ〜!
なになに、値段は50万とな?
買おうかな〜。
いや、買えないって。。。

などと自己完結している間に点検も終了。
これから涼しくなってくると、またバイクが気持ちの良い季節ですな〜。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野ジャパン

負けちったねぇ。

ま、しょうがないんじゃないの。
ネット上をはじめ、日本中で監督やチームに対する批判が渦巻いているが、一生懸命戦った者に対してその態度は良くないと思う。
星野贔屓で書くわけじゃないけど。

韓国の監督だって、ずっと打てない打者を四番に据えていたのが、結果的には起死回生のホームランを放った。
あれで打っていなければ、同じ様に批判されていただろう。
勝負というものは結果が全てで、だからこそ、その結果はキチンと受け入れる必要があると思う。
ウダウダ言っても始まるまい。

見ている方は、明日から自分自身の人生を過ごせば良いが、当人達にとってはその後の人生を変えるかも知れない敗退である。
ここは一つ、冷静に迎えてやろうではないか。
posted by Kei at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする