2008年06月10日

普通二輪免許でナナハン?

バイク雑誌『モーターサイクリスト』の7月号に非常に興味ある記事が載っていた。
それは「バイクの免許制度が変わり、普通二輪免許が750ccまで、原付が125ccまでに拡大されるかも?」という内容。
もちろん、業界内の噂の域である。

なぜそうなるのか簡単に要約すると、

・少子化や改正道交法その他の影響で、国内の二輪販売台数が危機的状況である
・したがって二輪メーカーは、販売のターゲットを欧州を中心とした海外にシフトしつつある
・海外マーケットでは、650cc〜750ccクラスの需要が大きい
・ゆえにメーカーは、そのクラスを中心に開発・販売を行う
・そうなると国内の普通二輪ライダーは、400以下での選択肢が非常に少なくなる
・ますます国内の二輪人口が減り、販売台数が減少する


とまあ、こういう負のスパイラルに陥っているのが日本国内のバイク業界の現状である、と。
それを少しでも打破するために「普通二輪の免許制限を750まで拡大しよう」ということらしい。

今では大型二輪免許も教習所で取得でき、その取得者数も多くなってはいるが、まだまだ私の様に普通二輪免許しか持たない層も存在する。
普通二輪ライダーが750までを選択肢に入れることになれば、メーカーは海外と国内で同一の車種を開発・販売できる様になり、コスト削減やカタログモデルの充実が実現する。
よって国内二輪市場も活性化するのではないか、という考え方である。

これは結構、スゴイ話だと思う。
もちろん賛否両論あるだろう。
普通二輪ライダーが750なんて大型車を扱えるのか?という問題もある。
そもそも本当にそうなったら、普通二輪の教習は750で行われることになるだろうし、もはやそれは“普通二輪”と呼べるのか?という気もする。
だがこの話、「国内二輪メーカー救済のため」という大義名分があるので、あながち荒唐無稽な噂でもないと思う。

何年後かにこれが本当に実現したら、業界関係者以外で最も恩恵にあずかれるのは、現状、普通二輪を取得している私みたいなライダーであろう。
逆に「1000まではいらないけど、600には乗りたい!」とか思って高いお金を払って大型を取得した人なんかは悔しいだろうな。

でもそうするとアレか?
大型とらなくても、あこがれのトライアンフ、ストリートトリプルにいつか乗れちゃったりするのか?
確かに夢のある話ではあるな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(10) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする