2008年06月30日

嫌な兆候

土曜日、久しぶりに飲みに行ったのだが、その時に食べた何かに軽く“ヒット”したらしく、その日の深夜からお腹は壊れるわ熱は出るわ。
思わず、昨年末の悲劇を回想してしまった。

まぁ、今回はあの時に比べれば全然軽く、仕事を休むほどでもなかったけど。
とは言え、微熱の続く中、出勤するのははやりキツイですな。


それより、それより。

さっき家のMacを立ち上げたら、ディスプレイが「うわわわわ〜ん」といきなり明滅。

これもう5年以上使ってるからなぁ。
ヤバイかな。。。
確かに今の環境はそろそろ新しくしたいとは思っていたが。

なんせお金がないのよ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

黄金のマスク

『吉村作治の新発見!エジプト展』という催しに行って来た。

福岡市博物館という所は初めて行ったのだが、さすが立派な施設である。
ロケーションも良いし、雰囲気があった。

展覧会の内容は、吉村先生が自ら発掘した木棺などの品々に、国立カイロ博物館の所蔵品が加えられたもの。
興味深かったのは、ミイラを作る際に使用する医療器具。
“鼻から脳を掻き出す道具”なんてのも展示してあった。
鉄器の無かった時代なので、ほとんどが青銅製である。

やっぱり博物館というのは楽しいスポットだ。
今度はバイクで行こうかしら。

08062801.jpg
物販コーナーで個人的に大受けしてつい買ってしまった。
意外に細かい所まで良く出来ているのだ。
ちなみに裏面にマグネットが仕込んであり、冷蔵庫などに貼り付けられる。
posted by Kei at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

それで皮むきに関係された(BlogPet)

きょうみかんは、メーカー救済も退散しなかった。
それできのうみかんが、官房長官も負傷すればよかった?
でも、きょうはポストが入院したいなぁ。
それで皮むきに関係された!

*このエントリは、ブログペットの「みかん」が書きました。
posted by Kei at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

自重自重

しばらくお休みしてましたが。
とりあえずまぁ元気です。

ここしばらく色々なニュースに対して書きたいことは山の様にあったのだが、感情にまかせて毒舌を吐き散らかしたりすると気分を害する人もいるだろうし、かと言って今回は柔らかく書くという優しい気持ちにもなれなかったので筆が進まなかった。

ここの様にちっぽけなブログであっても、web上で公にしている以上は誰が見るか分からないし、やはり訪れてくれた人を不快にさせるのは書き手としては避けたいと(最近は)思う様にしている。
しかし逆に、あまり迎合してしまうのも今度は性格的に無理がある。

このあたりの、自分の中での湯加減の決め方というのは結構難しいものだ。
ちょっと前だったら一気に書いていたと思うのに。

とりあえず、雨止まんかなぁ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

雨がやまんのぉ

今年は久々に梅雨らしい梅雨ではなかろうか。
九州北部地方は、今週ずっと雨である。
ちょっと降り過ぎぐらい。

おかげでバイクにもまったく乗れない。
いや、乗ろうと思えばレインスーツを着込んで乗れるのだが、私にとってバイクは趣味のものなので、不快さや危険さを冒してまで乗りたいとは思わないのだ。
ま、雨の日に山に登らないのと同じですな。

新しいタイヤの皮むきもしたいし、これからはもっと暑くなるから、今のうちに長距離を走っておきたいのだが、お天気ばっかりはどうしようもない。

こういう年は、夏も猛暑になるんだよなぁ。
あ〜、やだやだ。
posted by Kei at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

プライド

ある日、家に泥棒が侵入しました。
一家の主は、その泥棒を捕まえようとして顔を殴り、負傷させました。
すると、泥棒の一族が「謝罪しろ!」とねじ込んで来ました。
一家の主は、謝罪の手紙を書き、さらには治療費まで払うそうです。


「海保が遊漁船船長に謝罪の手紙。過失責任の範囲内で賠償にも応じる。」

要約すればこういう話だろう。
一体、日本という国は、国としての自尊心を持っていないのか?
戦争に負けたトラウマをいつまで引きずって負け犬を演じ続けるつもりなのだ。
こうやって、周辺の国の顔色うかがいながら、少しずつ権益や金をむしりとられていくのか。

政治家連中も、海保にケツ拭かせるぐらいなら、足りない牛乳を増やすために牛でも育ててくれてた方がよほど国のためになる。
国を守れない政府なんぞ、存在意義がないわ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

嫌な季節になりました(BlogPet)

Keiの「嫌な季節になりました」のまねしてかいてみるね

いよいよ梅雨も本番♪
今日の嫌いな人はない。
今日の血管が高くなると思う!!
梅雨の福岡はそこまで多くは嫌いであると思う。
私の欠かせないシーズンだなぁ♪
昔、バファリンのであると思うが細いのだと思うがある♪
多分、それになっていく!!

*このエントリは、ブログペットの「みかん」が書きました。
posted by Kei at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

嫌な季節になりました

いよいよ梅雨も本番。
今日の福岡は蒸し暑くて蒸し暑くてかなわない。
これからどんどん気温も上がり、私の嫌いな季節になっていく。

梅雨の嫌いな人は多いと思うが、夏の嫌いな人はそこまで多くはないだろう。
私は嫌いである。
昔、「夏は寂しい感じがして嫌」とかいう内容を書いたことがあると思うが、それに加えて、私は湿度や気温が高くなると頭痛がするのである。
多分、脳の血管が細いのだと思う。

あぁ、バファリンの欠かせないシーズンだなぁ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

祝!JFK登板100勝!

その登場は2005年。
3年とちょっとで登板100勝とは物凄い。
3人揃ってどれだけ投げてるんだ、と。

もはやこの3人は、既に球史に残るセットアッパートリオと言っても過言ではなかろう。
多分、私は一生忘れないと思う。

何とか今のうちに、生で3人のリレーを見ておきたいものだなぁ。
posted by Kei at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

スティーブ様に願いを…

ここしばらく、見て見ぬふりを貫いている話題がある。
それは…。

「iPhoneはソフトバンクで発売」

ガックリである。
孫パワーに敗れたか、ドコモ。

私は事情があってドコモ以外に移る気はさらさらない。
したがって、現状ではiPhoneは諦めるか、もう一台追加するしかない。
浮気中のオヤジではないので、携帯電話は一台で充分。
ゆえにドコモから出ない限り、私とiPhoneの赤い糸は繋がらないままである。

残念至極。
痛恨の極み。
今日の渡辺の9回裏の四球より悔しい。

巷では、iPhoneについて「Felicaも使えないのに」とか「ワンセグ観られないんでしょ」とか「デカイし日本語打ち難そう」とか色々言われている様だが、iPhoneというものはそんな尺度で推し量れるシステムではない。
そう、iPhoneは単なる携帯電話ではなく、ポータブルコンテンツシステムの一つと考えるべきである。
これまでの閉鎖された世界でしか存在意義のなかった日本の携帯電話を大きく解放する可能性のある先駆者かも知れないのだ。

あぁ、それなのに、それなのに。
その新しさを手に入れ、使うことができないなんて(いや、金銭面を無視すればできるんだろうけどさ)。

今からでも遅くはない。
ドコモよ、Appleにもっと積極的にアプローチするのだ。
変化を恐れている時ではないのだ。
ソフトバンクに打ち負かされても良いのかーーーーーっ!!!(絶叫)
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

梅雨の合間にタイヤの慣らし

九州北部地方もついに梅雨入り。
ジメジメじとじとの嫌な季節になってしまった。

そんな中、今日だけはなんとか天気がもちそうだったので、バイクでお出かけ。
先週タイヤを換えたばかりだし、皮むきもしなければならない。

特に行くあても決めていなかったのだが、なんとなく南に気が向いたので、佐賀空港まで行ってみた。
先ずは例によって国道3号を久留米まで。
久留米から筑後川を渡り、川沿いに県道19号をひたすら真っすぐ行けば佐賀空港の近くまで自動的に出る。

08061401.jpg
この堤防上の19号が非常に気持ち良かった。
交通量も少なく、道幅はちょっと狭いがバイクには関係なし。
快調なペースで空港まで一気である。

佐賀空港は、まさに“陸の孤島”という感じのロケーション。
ローカルゆえに離発着も少ないし、実に淡々と時が流れている雰囲気である。
なので「焼肉定食」と言う名の「野菜炒め定食」を食べ、そそくさと退散。
空港や駅のレストランは大抵どこもそうだが、内容に比してちょっと高い。

08061402.jpg
空港自体は大して面白くもなかったが、そこまでのアプローチは非常に爽快だった。
なんせ広々とした私好みの田園風景の中の一本道をひたすら走るのである。
ここの平野部は相当に広く、周囲360度が見渡せるほどで、ちょっとした感動が味わえる。
この道はお薦め。

帰りは吉野ヶ里歴史公園の横を抜け、国道385号〜県道56号を通って帰還。
しかし東背振トンネルはいつ走っても寒いな。


08061403.jpg今日のミッション
・出撃回数/1回
・走行距離/約130キロ
・支出/1,500円※ガス代除く
野菜炒め焼肉定食¥1,250)
(東背振トンネル通行量¥250)
・損害/なし

※バックに見えるは筑後川昇開橋

posted by Kei at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

高精度マニピュレーター

昨日、あることに挑戦してみた。
それは片手だけで折り鶴を折ること。
もちろん、口も使わず、机などの台も使用しない。

なぜそんなことをやってみたのかというと、アニメ『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』の中にそういうエピソードがあったのをふと思い出したから。

劇中でそれを見た時は「ふぅ〜ん、それはスゴイね」ぐらいにしか思わず、自分で出来るとも感じなかった。
アニメの中の話だと。

でもでもでも。
出来たらちょっと楽しいじゃない?

私はほんの少し人並み以上に指が器用であり、指自体も普通の成人男性より細いので、ひょっとしたら意外に折れるかもしれない。

そう思って折り始めてすぐに「あ、これは出来るわ」と直感した。
根気よくやると、そんなに難しい作業でもなかった。
15分ぐらいかかったけど。

コツは普通の折り紙みたいに大きな紙を使わないこと。
これだとどうしても指が届かない。
1辺が10センチ弱ぐらいが適当である。
一番難しいのは、鶴の頭に相当する部分を折り返して作るところ。
さすがにこれはピシッとはいかない。
全体の出来上がりも、いまいちシャープさに欠ける。
練習すればもう少しカッコよくはなりそうだけど。

これでまた、何の役にも立たない特技が一つ増えたな。
ま、やってみようと思うこと自体がヒマ人さ加減を如実に表している話なのだが。

08061201.jpg
これが右手だけで折った鶴。
劇中では最後に開く時に口を使っていたが、これは本当に片手のみである。
やはり、末端部の仕上げが粗い。
腰のある紙の方が折りやすい。
posted by Kei at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通二輪免許でナナハン?(BlogPet)

Keiの「普通二輪免許でナナハン?」のまねしてかいてみるね

バイク業界内のか簡単になるだろうな噂ではあるだろう。
逆にこれは結構、まだまだ私みたいなライダーが実現して高いお金を少しでもそうするとか簡単に開発・販売を扱えるの7月号にいつか乗れちゃったりする!
よって国内の充実が危機的状況でも教習所で同一のか簡単に普通二輪を取得しつつあるので、普通二輪市場も、あこがれの影響で、・ゆえにメーカーは海外に普通二輪のバイク雑誌『モーターサイクリスト』のバイク雑誌『モーターサイクリスト』のでの影響で行われることらしい。

*このエントリは、ブログペットの「みかん」が書きました。
posted by Kei at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

普通二輪免許でナナハン?

バイク雑誌『モーターサイクリスト』の7月号に非常に興味ある記事が載っていた。
それは「バイクの免許制度が変わり、普通二輪免許が750ccまで、原付が125ccまでに拡大されるかも?」という内容。
もちろん、業界内の噂の域である。

なぜそうなるのか簡単に要約すると、

・少子化や改正道交法その他の影響で、国内の二輪販売台数が危機的状況である
・したがって二輪メーカーは、販売のターゲットを欧州を中心とした海外にシフトしつつある
・海外マーケットでは、650cc〜750ccクラスの需要が大きい
・ゆえにメーカーは、そのクラスを中心に開発・販売を行う
・そうなると国内の普通二輪ライダーは、400以下での選択肢が非常に少なくなる
・ますます国内の二輪人口が減り、販売台数が減少する


とまあ、こういう負のスパイラルに陥っているのが日本国内のバイク業界の現状である、と。
それを少しでも打破するために「普通二輪の免許制限を750まで拡大しよう」ということらしい。

今では大型二輪免許も教習所で取得でき、その取得者数も多くなってはいるが、まだまだ私の様に普通二輪免許しか持たない層も存在する。
普通二輪ライダーが750までを選択肢に入れることになれば、メーカーは海外と国内で同一の車種を開発・販売できる様になり、コスト削減やカタログモデルの充実が実現する。
よって国内二輪市場も活性化するのではないか、という考え方である。

これは結構、スゴイ話だと思う。
もちろん賛否両論あるだろう。
普通二輪ライダーが750なんて大型車を扱えるのか?という問題もある。
そもそも本当にそうなったら、普通二輪の教習は750で行われることになるだろうし、もはやそれは“普通二輪”と呼べるのか?という気もする。
だがこの話、「国内二輪メーカー救済のため」という大義名分があるので、あながち荒唐無稽な噂でもないと思う。

何年後かにこれが本当に実現したら、業界関係者以外で最も恩恵にあずかれるのは、現状、普通二輪を取得している私みたいなライダーであろう。
逆に「1000まではいらないけど、600には乗りたい!」とか思って高いお金を払って大型を取得した人なんかは悔しいだろうな。

でもそうするとアレか?
大型とらなくても、あこがれのトライアンフ、ストリートトリプルにいつか乗れちゃったりするのか?
確かに夢のある話ではあるな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(10) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

平成の刀狩

ああいう事件が起きると、またぞろ刃物が悪者にされる。
どこぞの官房長官は「ナイフを規制すべし」なんて発言したらしいし。

刃物なんて規制できると本気で思っているのだろうか。
と言うか、今の日本では、銃刀法と軽犯罪法で「正当な理由なしの刃物の携帯」は充分取り締まれるのだが。
このことを、この人はご存知なのだろうか。
こういう無能な政治家が国の重要なポストについているのかと思うと、日本の行く末が本気で危ぶまれる。

ついでに、もう少し犯罪について学んでみるが良い。
日本で犯罪に使用される刃物は、大半がそこら中に転がっている包丁や果物ナイフなのである。
これを規制することなんてできるわけがないのだ。

もっと言うと、包丁は非常に殺傷能力の高い刃物である。
ナイフで刃長10センチを超えると結構な大型ナイフだが、包丁は20センチ近いものがザラ。
薄刃で刺した時の抵抗が少なく、刃の幅が広いので組織に与える損傷が大きい。
そして何より、安価でどこでも手にできる。
犯罪に使用される刃物を規制しようとするなら、まずここから手を付けなければ何の意味もない。

やれ「ダガーナイフが危険だ」「サバイバルナイフが危険だ」と、マスコミもセンセーショナルに取り上げるが、本気でそれらが犯罪の原因だと思うなら、一度徹底的に規制してみれば良い。
ついでにレンタカーやトラック、あと鉄パイプやバットも危ない。
ガソリンも、以前に強盗に使われたことがあるから規制しなくては。

法律も刃物も、要は使う人間次第なのだけれど。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

ホントやめて

自分へのウサを、他人への暴力で晴らそうとするのは止めて欲しい。

周りの環境を逆恨みするヒマがあったら、自分を変える努力をしろ。

それができないなら、黙って社会に奉仕するか、自分の殻に閉じこもっておけばいい。

それも嫌なら、自分で自分にケリをつけろ。

死刑になりたいなら、自分を殺せ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

タイヤ交換

愛車、VTR250のタイヤを交換した。

中古で車体を買った時に履いていた純正タイヤは、溝は充分過ぎるほど残ってはいたものの、なにぶん製造から3年以上も経過しており、硬化が進んであちこちにひび割れが出ていたので、前々からずっと換えたかったのだ。

08060701.jpg
新しいタイヤは、IRCのRX-01という銘柄。
奇妙なトレッドパターンが特徴である。

一応、交換するにあたっては、どのタイヤにするかを比較検討した。
VTR250でツーリングタイヤだと、RX-01の他はブリジストンのBT-45、ダンロップのGT501というあたりが競合である。
そこでネットでそれぞれのインプレなどを調べてはみたのだが、どうも評価が一定しておらず、決定打に欠けた。
タイヤというのは、装着するバイクやライダーの乗り方によって印象が変わるものらしい。

そんな中でRX-01を選んだのは、最終的には安かったから
私の場合、ワインディングをゴリゴリ攻めるわけでもなければ、年間1万キロ以上ツーリングするわけでもない。
純正よりも多少グリップが良くて、常識的な耐久性があればそれで良いのである。
おそらく新しいタイヤも、交換が必要なほど摩耗する前に経年劣化による寿命が来ると思う。

ま、何にしても新しいタイヤは良いですな。
路面の外乱に対しての安定感がずいぶんと良くなった。
皮むきが終わるまでは調子に乗らないようにしなくては。。。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

せわしない男

落ち着きのない人間というのは、時折見かける。
やたら貧乏揺すりをしていたり、かと思うと身体を右に左に動かしてみたり。
同じ姿勢でじっとしていられない人間。
なぜか、主に中年を過ぎた男性であることが多い。

私はこういうタイプをどうも生理的に受け付けない。

今日、帰りの電車を待っている時に、横に並んだ人がこういうタイプだった。
立っているのに、ガタガタガタガタ貧乏揺すりを続けている。
それも生半可な揺すり方ではなく、身体全体がブルブルブルブル震えるぐらい。

こっちはもう、心地悪くてたまらない。
お前はチュウブかと。
後ろから膝カックンでもしてやりたくなる。

周囲に対するインパクトに無頓着な人間ってのは、実害はなくてもあまり気持ちの良いものではない。
ま、本人は全く意識してないんだと思うが。
posted by Kei at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三振(BlogPet)

きょうは、三振したかったの♪
それでみかんは急転直下回送する?

*このエントリは、ブログペットの「みかん」が書きました。
posted by Kei at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

ご無沙汰しています

いや〜、かれこれ1週間以上も更新が滞ってしまった。

体調を崩して寝込んでて…

とか、

精神的に落ち込んで何も手に付かなくて…

とか、

別にそういうことは全くない。
ただ、人間、何となく創作活動(そんな大げさなものではないが)に対して気が向かないって時ってあるよね、ってことで。

そろそろ日本も全国的に梅雨入りですな。
梅雨が近づくと、空気の匂いが変わるよね。
posted by Kei at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする