2008年02月28日

ちゅぱちゅぱオヤジ

中年以上を過ぎた男性では、意味も無く口を「ちゅぱちゅぱ」言わせている個体の比率が急激に上がる。
何を食べているわけでもないのに「ちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱ」。
時折、「ちぇっ、ちぇっ」とか「しーっ、しーっ」とかが混じる場合もある。
歯に何か物が挟まってとれないのか、ともかく理由は不明。
私は、こういう個体を『ちゅぱちゅぱオヤジ』と呼んでいる。

昨日、帰宅の電車で、私の向かいの座席にちょっと興味をそそる中年男性が座った。
一見して知人に似ていたので最初から注目していたのだが、その男性はなぜか手袋を左手だけにしかはめていなかったのだ。
この時点で既に私のツボに入りつつあった。

やがて電車が発車し、しばらくして、彼は左手の手袋を外してバッグに収めてしまった。
私は内心、「つまらんなぁ」と、ちょっとガッカリである。
しかし数分後、彼は車内の温度が気に入らなかったのか、またバッグから手袋を取り出し、おもむろに左手だけに装着。
この謎な行動の一部始終を目撃した私は完全にツボにはまり、笑いを押し殺すのに一苦労である。

しかもしかも。

彼は『ちゅぱちゅぱオヤジ』だったのだ。
左手に手袋をして気分が落ち着いたのか、さざ波の様にちゅぱちゅぱが始まった。

経験上、『ちゅぱちゅぱオヤジ』は、また同時に『ふわふわオヤジ』でもある可能性が非常に高い。
『ふわふわオヤジ』とは、衆人環視の中、やたらと“あくび”に声をのせるタイプのオヤジのことである。

もちろん、彼も例に違わず「ふわぁ〜」「はうっ」とやり始めた。

「ちゅぱちゅぱ」
「ふぁっ」
「ちゅぱちゅぱ」
「かぁ〜」

こっちはもうおかしくて仕方なく、うつむいて笑みを隠すのに大変。
私もオヤジになると、こうやって見ず知らずの人間にブログのネタにされたりするんだろうか?
あ〜あ、歳はとりたくねぇなぁ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする