2007年11月16日

掘り出し物

先日、何気なくヤフオクを見ていたら、懐かしいマグネット式の筆箱を発見した。
金額は2,000円だったが、妙に心魅かれたので即入札。
そして落札。
まぁ、あんまり欲しがる人はいないだろうから。

pencase01.jpg小学校に入学する時、こういう筆箱持ってたよなぁ。
柄が『のらくろ』なので、実際は私が子どもの頃よりもさらに一世代前の品である。
良くまあ保存していたものだ。

こういう筆箱の後、裏も開く二段式のヤツが出てブームになり、やがて真ん中も開く三段式とか、果ては五段式やボタンを押すと鉛筆削りが飛び出すヤツまで出たりした。
ブルートレインやレーシングカーの写真がプリントされてるのが定番だったなぁ。
やがてそれもカンペンケースに取って代わられたんだが。

pencase02.jpg開くとこんな感じ。
HBの『かきかた鉛筆』なんて差したくなる。
私はHBの鉛筆と硬筆用の6Bの鉛筆、青色と朱色で半分に別れた色鉛筆、フェルトペン、香りのする消しゴムなんかを入れていた。
後、コンパスやカッターナイフ、セルロイドの定規とかも。

そう考えると、あの頃の筆箱って収納力があったよなぁと思う。
筆記具以外にも色々な文具が収められたんだもの。
今の小学生って、どんな筆箱を使ってるんだろうか。

posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする