2007年10月13日

志賀島プチツーリング

shikanosima01.jpg先週から行こう行こうと思っていた志賀島へ。

出発が遅れたので、昼過ぎまで抜群に良かった天気もどんより曇り空。
もっと早く起きれば良かった。
「早起きは三文の徳」とは良く言ったもんだ。

自宅から志賀島へ行くには、三分の二ほどの行程が交通量の多い幹線道路を通らねばならない。
頻繁な信号待ちでアベレージスピードも遅れがちだし、大型トラックの吐き出す排ガスを吸いながらで、あまり爽快とは言い難い。

そこを抜けて『海ノ中道』に入った頃から、ようやく気持ちの良い走りが始まる。
観光地でもあり、土曜日ということで思ったより車は多いものの、渋滞するほどでもなくスムーズに進む。
今日は秋冬物のライディングジャケットのインナーを外したヤツを着て来たのだが、風が強いこともあり既に肌寒ささえ感じる気温だ。
もう今シーズンはメッシュジャケットの出番はないなぁ。

水族館や公園のあるあたりを過ぎ、両側を海に挟まれた特徴的な道路へ。
知らない方に説明すると、志賀“島”とは言うが、実際は道1本で地続きになっている。
で、この島と九州を繋ぐ道が『海ノ中道』というわけだ。
ここへ来るのは1年ぶりぐらいなのだが、知らない間に両側にガードレールが設置されていた。
昔はガードレールなんかなく、好きな場所の路肩に車を停めて景色を楽しむことができたのだが、今や問答無用に通過せねばならない。

海ノ中道を過ぎると、いよいよ志賀島に上陸である。
左回りにコースをとり、海岸沿いの気持ちの良い道をのんびりと走る。
以前はコーナーが来る度に緊張してギクシャクしていたが、先週のライディングスクールの成果か、多少はスムーズに走れる様になった気がする。

島の向こう側にある海水浴場の駐車場へバイクを停め、小休止。
砂浜へ行ってみたが、天気があまり良くないので景色はイマイチだし、ちょっと人が多過ぎて落ち着かない。
そこでトイレを済ませて出発し、もう少し先の道路沿いのスペースにバイクを停めて黄昏てみる。
車と違って、こうして狭いスペースにも停まることができるのがバイクの利点の一つだと思う。

志賀島自体は小さな島なので、あっという間に一周コースは終了。
帰りはアイランドシティ経由で帰宅するも、時間が時間だけに夕刻の帰宅ラッシュに巻き込まれて思ったより遅くなってしまった。



shikanosima02.jpg今日のミッション
・出撃回数/1回
・走行距離/約60キロ
・支出/0円※ガス代除く
・損害/なし


それにしてもタイガースはポストシーズンに弱いなぁ。。。

posted by Kei at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする