2007年09月24日

1ヶ月点検

今日は、VTR250の納車1ヶ月点検。
案内のハガキが来ていたので、予約しておいた。
この辺りが、メーカー系列店の安心感だと思う。
素人&中古車の組み合わせは、安さよりも安心が一番。

お店に着いてキーを預け、店内をブラブラする。
VTR250の新車が3台も陳列されていた。
このバイクは既に生産中止なので、ここにあるのが新車で買える最後の車両になるんだろう。
その横には、同じく生産中止のホーネット250が4台ばかり。
なにやら哀愁を誘う光景である。

それから、STX1300やVFR800、CBR600RRなどを見てドキドキする。
おそらく一生縁のないバイク達だとは思うが、確かに一度は乗ってみたいぐらいカッコ良い。

点検は30分もかからずに終了。
フロントブレーキをかけた時に、たまにストップランプが点灯しないという不具合が見つかったらしく、スイッチの交換をしたそうな。

いや、それってもしかして、すんごいリスクをはらんだ故障じゃないのか。。。

まぁ、早めに見つかって良かった。
マメに点検するのは、やはり必要だと痛感させられた。

そう言えば、昨日、買って初めて愛車の各部をマジマジと見る機会があったのだが(今さらかよ)、タイヤのひび割れが結構目に付いた。
溝はかなり残っているものの、多分、新車の時から履いているので経年劣化が進んでいるのだろう。
しばらくしたらタイヤも換えてやらなければならんな。
posted by Kei at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする