2007年04月26日

ハナモゲラ

今日、駅のホームで電車を待っていたら、隣に一人の男性が並んだ。
スーツ姿のサラリーマン。
しじゅう汗をハンカチで拭っている以外に、外観に変わったところはない。

ところがすぐに異変に気が付いた。

こいつ、くせえぞ。。。

その人物から、非常に不快な匂いが漂ってくる。
いわゆる汗臭い匂いなのだが、それがまぁ、ハンパではない。
あまりに不快だったので距離を開けてみるも、こっちは風下なので逃れようがない。
これは電車に乗る時に場所取りを誤ったら致命的だ。
が、向こうは左隣の列。
誰だって座りたいから、常識から言えばドアが開いたら私は右に、その人物は左に別れて乗車するはずである。

ところがところが。
この男、何を血迷ったか、電車が到着してドアが開いた直後に、いきなりクロスして私の進路を塞ぐ様に、右側に進み始めやがった。

何をさらすか!

このイレギュラーな動きには一瞬、虚を突かれた私だったが、そこは事前に「離れるべし」と自分に言い聞かせていたイメージトレーニングが功を奏し、こっちは瞬間的に左側へと侵入する。
いわゆる、警察や軍の特殊部隊が室内へ突入する際に用いるクロス・オーバー・エントリーと呼ばれる様な動きで左右に交差して展開し、まんまと難を逃れることに成功した。

ちなみにその人物、ワンセグ携帯でテレビを観ていたのだが、それよりももっと身だしなみに気を配った方が良いんじゃないだろうか。
posted by Kei at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする