2007年04月30日

アメリカの味

mre01.jpgとりあえず、前半の帰省から帰って来た。
向こうではいつものメンバーで久々のサバイバルゲームを堪能し、精神的にかなりリフレッシュ。

そんな中、昼食に選らんだのが、ガンショップに売っていたMRE。
正式名称はMeal Ready-to-Eat, Individual。
和訳すれば『個人用調理済み食糧』とでもなるのだろうか。
米軍が採用している携帯糧食である。
(詳しくは、相互リンクさせていただいている『買ってみよう・味わってみよう!戦闘糧食』参照)

種類が多かったので、メンバー3人で別々のセットを選んだのだが、中には「?」という物もあったものの、まあまあ今回はどれも外れはなかった。
ちなみに私が食べたのは「トマトソースの野菜パスタ」。
ベジタリアン用メニューである。

内容はメインディッシュのパスタに、クラッカー、ピーナッツバター、アップルソース、レモンケーキ、フルーツキャンディ、粉末サイダー、粉末アイスティー、塩、合成調味料、チューインガム。
加えて、ウエットティッシュやティッシュ、紙マッチ、スプーンやメインディッシュを温めるためのヒートパックといった雑貨が付属する。
元SAS隊員のアンディ・マクナブも著書で書いていたが、とにかく1パックに含まれる物品がやたら多い。
ゴミも相当出る。
確かに、痕跡を残す事が許されない特殊部隊の潜入任務には不向きだろう。

しかしMREをこうやって実際に食べてみて、いつもつくづく思い知らされることが一つある。
確かに食事は前線の兵士の唯一の楽しみであり、そこはもちろん考慮されているとは思うが、それでもメニューの豊富さと言い、1パックに含まれる品数の多さと言い、ちょっと圧倒されるものがある。
まさに物量大国を如実に表す食べ物ではあるまいか。
お腹はいっぱいにはならないけどね。

posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

テレビネタ3発

今日もジムでごしごしと歩きながらテレビを眺めていた。

(その1)
『生徒諸君』の内山理名は胸を強調しすぎ。
作り手側の下心が見え見えで、少々あざとい。

(その2)
タクシー料金の値上げについての街角のインタビュー。
「運転手も生活があるし、仕方ない」と理解を示しているのはサラリーマン。
「高い」「困る」と文句ばかり言っているのは、一見して主婦っぽい人ばかり。
人間、その立場になってみないと痛みは分からんもんだ。

(その3)
植木等のお別れ会での加トちゃんのスピーチは涙が出るほど素晴らしかった。
さすがだ。

さあて、明日から帰省だ。
posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ハナモゲラ

今日、駅のホームで電車を待っていたら、隣に一人の男性が並んだ。
スーツ姿のサラリーマン。
しじゅう汗をハンカチで拭っている以外に、外観に変わったところはない。

ところがすぐに異変に気が付いた。

こいつ、くせえぞ。。。

その人物から、非常に不快な匂いが漂ってくる。
いわゆる汗臭い匂いなのだが、それがまぁ、ハンパではない。
あまりに不快だったので距離を開けてみるも、こっちは風下なので逃れようがない。
これは電車に乗る時に場所取りを誤ったら致命的だ。
が、向こうは左隣の列。
誰だって座りたいから、常識から言えばドアが開いたら私は右に、その人物は左に別れて乗車するはずである。

ところがところが。
この男、何を血迷ったか、電車が到着してドアが開いた直後に、いきなりクロスして私の進路を塞ぐ様に、右側に進み始めやがった。

何をさらすか!

このイレギュラーな動きには一瞬、虚を突かれた私だったが、そこは事前に「離れるべし」と自分に言い聞かせていたイメージトレーニングが功を奏し、こっちは瞬間的に左側へと侵入する。
いわゆる、警察や軍の特殊部隊が室内へ突入する際に用いるクロス・オーバー・エントリーと呼ばれる様な動きで左右に交差して展開し、まんまと難を逃れることに成功した。

ちなみにその人物、ワンセグ携帯でテレビを観ていたのだが、それよりももっと身だしなみに気を配った方が良いんじゃないだろうか。
posted by Kei at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

臨界

いつだったか、ちょっと前にここのブログで、「慈愛に満ちた生き方をしなければいかん」とか「右の頬を打たれたら左の頬を…」などとマハトマ・ガンジーの様なことを書いた記憶があるが、やはり男たるもの、自分の尊厳を傷つけられたら戦うべきだと思い直した。

…と書けば聞こえは良いが、要するに怒りを抑えられなくなったある出来事が。

ま、何があったかは書かないけれど、やられたらやり返すことも、自己防衛本能と言うか、ストレス社会で生き延びるための精神衛生上は必要なことなのかも知れないなぁ。
posted by Kei at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

鉄骨娘

最近、我が家の水道水が臭い。
なんかこう、鉄の匂いがするのである。

最初に気付いたのは歯磨きをしている時であった。
うがいをした後に鉄の風味がしたので、しばらくは歯茎から血が出ているのかと思っていた。
しかしよくよく気をつけてみると、手を洗う時や食器を洗う時、ひいてはシャワーを浴びている時にも、そこはかとなく鉄の匂いが漂っている。
これは明らかに水が汚い。

私は慢性の鼻炎持ちで、しじゅう鼻孔が狭まっている割には、匂いや風味にかなり敏感である。
水を使う度になんだか不快な気分だ。
恐らくは、アパートの貯水槽かパイプが汚れているんだと思うが、こればっかりはどうしようもない。
一応、流しの蛇口には安い浄水器を付けているから、飲み水はそれを通すとしても、鉄分を全てろ過する性能があるとも思えない。

鉄の土瓶でお茶を淹れると鉄分の補給ができるらしいが、我が家の水道水を飲むと鉄分が補給されるのであろうか。
別に私は貧血気味ではないのだけれど。
posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

生物の法則

ついこの間のこと、私なりに一つの考えが生まれた。
それは少子化・晩婚化の背景についてである。
この持論には、少々自信がある。

なぜ晩婚化が進むのか。
それは女性の親子関係が緊密になり過ぎていることに起因している、というのが私の発見した持論である。
友達感覚の母娘。
これこそが晩婚化の要因の一つだ。(断言)

私から下の世代の母と娘は、観察しているととても仲が良い。
どうかすると友達感覚で、一緒に遊びに行ったり、食事に行ったりである。
では、これがどうして晩婚化に繋がるのか?
それは…。

男に依存する必要がなくなるから。

母親であれば、当然娘のことは隅々まで熟知しており、かゆい所に手が届く。
財力も、包容力も、理解力も、全てにおいて娘の恋人世代の男より優れており、もはや勝負にならない。
娘は男に頼るより、最終的には母親を頼る。
その方がずっと楽だし、気持ち良い。
赤の他人の男と付き合うことは、それなりに忍耐も必要になる時があるし、何かしら自分を犠牲にしなければならないが、母親に対してはいつまでも我がままを許容してもらえる。
無理して結婚するよりずっと楽なのは推して知るべし。

そのスタートは団塊の世代以降にある。
特に高度経済成長期〜バブル時期の家庭は、父親は仕事一本やり。
家庭は顧みず、家の事は奥さんに任せきり。
女性は家庭に入り、ずっと主婦として過ごす。
外の世界に出る事は少なく、趣味を持たねば友人もできない。
唯一の心のよりどころが我が子になるが、男の子は、ある一定の年齢になると母親を鬱陶しがる。
残ったのは娘だけだ。
そこから母と娘の緊密な関係が始まる。
母親も寂しいから、いつまでも娘を手元に置いておきたがり、尻を叩いて結婚させようとはしない。
大人になっても、少々の我がままなら受け入れ続ける。
かくして、母と娘の長いランデブーが続くわけである。

こうして、晩婚化、ひいては少子化へと繋がっていく、というのが私の理論なのだが、はてさてどうだろう。
結構当たってると思うんだが。

え?
男?
オスはメスに拒まれたらそれまでですよ。。。
posted by Kei at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

編成上の理由

私はいつも、JRなどの公共交通機関にはかなり寛大な方だが、ひとつ気にくわないことがある。

ジムに行った日は、たいてい22時半ぐらいの電車に乗る。
私の自宅の最寄り駅は快速が停まらないので、絶対に各駅停車でなければならない。
で、この時間の各駅停車の電車、最初は7両編成なのに、途中の駅で4両に切り離しやがる。
出発する時は7両なのに、たった三つ目の駅からもう4両編成なのだ。
22時半と言えば、まだまだ乗客は多い。
しかも、この切り離す駅は快速も停まる駅であり、各駅停車に乗ってそこで降りて行く客はそんなに多くない。
つまり、4両だとギュウ詰めである。

この時点で、まず腹立たしい。
せこい。
最後まで7両で運行しろ。

さらに怒りを増幅させることがある。
この電車が途中で切り離されるということはみんな知っているので、切り離される後ろ3両にはあまり人が乗っていない。
切り離し作業以降の駅で降りる人は、私も含め、多くが前4両に好んで乗るわけである。
そうなると、当然、前4両と後ろ3両では込み具合が全然違う。

そこで何が困るか。

前4両は暑いんである。
人が大勢詰め込まれれば、当然、車内の温度は上がる。
私など、ジムで運動し、さらにシャワーを浴びた後だけに、さらに暑い。
ところが、車掌は一番後ろに乗務しているから、前の方の込み具合や暑さに気が付かないのである。
したがって、エアコンを入れてもらえない。
これは相当、不快かつ不愉快である。

で、切り離しが終わると、後ろに乗っていた乗客も前の方に移って来て込み具合はさらにアップするが、今度は当然車掌も前の方に移動して車内の様子が分かるので、ここで初めてエアコンのスイッチが入るわけだ。
だったら最初から入れろ、と。

だいたいなぁ。
なんで途中で編成を減らすんだよ。。。
7両を4両に減らすぐらいなら、最初から最後まで6両で運行すりゃ良いじゃないか。
posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

世代交代

so703i.jpg先月、携帯電話を替えた。

前のSO902iに不満があったわけではなく、むしろかなり気に入っていたのだが、運気を変えたかったのと、最近、サイトを閲覧することが増えてきて、もう少し大きな画面が欲しくなったのが理由である。

秋頃登場すると言われる905iシリーズも気になるので、例によってヤフオクでの白ロム買い→FOMAカード差し替えのポイント温存作戦だ。

新しい機種はソニーエリクソンのSO703i。
他に候補がなかったわけではないが、私は元々ソニエリ好きだし、コンパクトでFeliCa内蔵、なおかつ画面が大きくてボタンが押しやすい機種となるとこれが筆頭であろう。
色はミスティブラック、背面のスタイルアップパネルはマーブルに換えた。
私は携帯電話は、ピンクかパープル系が何かと縁起が良いのだ。

中身、特にユーザーインターフェイスはSO902iと大きな差はない。
若干進化している部分もあるが、カメラなどはむしろグレードダウンしている。
そもそも90Xシリーズはフルスペック、70Xシリーズはコンパクト&スタイリッシュ路線と住み分けされているので別に文句はない。
使ってみると、さすがに240×432ピクセルと非常に大きな液晶画面を搭載しているだけあって、メールやサイト閲覧はまことに気持ちが良い。
905iまでのつなぎとして買ったのだが、意外に気に入ってしまった。

ただ、やっぱり個人的に折り畳み式はどこか馴染めないところがあるなぁ。
もっとこう、機能的でカッコよくて、ワンハンドオペレーションが容易な画期的な機構を、どこか開発してくれないものか。

posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

春の雨

今日は朝から雨。
昨日凹ませた車を自動車屋に持って行き、いつもよりかなりブルーな気持ちで、いつもよりかなり遅れて電車に乗る。
ところがこいつが、人身事故の影響で全く動かない。

そして帰りの電車。
改札口の周りに大勢の人が居たから嫌な予感がしたら案の定、またしても人身事故で全ての電車がストップ中。

最近、ネットでニュースをチェックしていても、日本のあちこちで「人身事故により運転見合わせ」というのがやたら目に付く。
ぶっちゃけ、「人身事故」とは言うが、そのうちの何割かが「自殺」であるのは誰でも分かっていることであろう。
私の中で「自殺は伝染性がある」という持論があるのだが、そうでないにしても春はそういう季節なのだろうか。

正直、自殺をする人の気持ちが100%分からないというわけでもないので苦言を呈する気はさらさらないが、後の処理をする人達の苦労を思いはかると、いささか気が重くなるのは確かである。
posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

愛車が入院

やってしまった。。。
店から出る時に、低い鉄柱に気付かずにゴリゴリっと。。。
左のフェンダーが見事に変形し、おかげで助手席のドアが開かなくなってしまった。

実はずっと前に左のリアドアもこずけたことがあって、それはあんまり目立たないから放っておいたのだが、さすがに今回は修理しないといけない。
いくらかかるか分からないが、車両保険には入っているので金額の心配はなし。
確か、等級プロテクトもかかっているから、保険料が上がることもなかったと思ったが、どうなんだろう。

しかし問題はゴールデンウィークの実家への帰省である。
間に合ってくれるかなぁ。
posted by Kei at 23:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

地に足を着ける

karasu.jpg先週は何かと怒りモードが入ってしまい、色々と周りに嫌な思いもさせてしまった。
基本的に私は春になると精神状態が不安定になるのだが、もういい加減36になったんだから、大人にならなければならんな。。。

今日は天気も良かったので、洗濯ついでに部屋の窓からぼ〜っと飛行機を眺めたりして過ごす。
我が家は空港の着陸進入コースに近いので、風向きによっては上空を旋回しながら降下してくる飛行機が良く見える。
フラップと脚を下ろし、着陸灯を灯した巨大な鉄の塊が普通に空を滑っていくのは、じっと見ているとなかなか不思議なもんである。
私は飛行機が好きなので、これだけで結構楽しめるのだ。

写真は、その時に見つけたカラス。
彼(彼女?)は何を考え、何を見ているのだろう。



posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

デジタルジェネレーション

今日はふと思い立って『GO!GO!7188』のアルバムを買って帰る。

が。
良く考えたらCDプレイヤーが無いんだった、うち。

いや、正確には無いことはない。
プレステ2とか、パソコンとか、カーステレオとか。
でも、ベッドにゴロンと寝転がって、くつろぎながら聴ける機材が無いのである。

仕方なく、PCを立ち上げて、iTunesに読み込み、さらにiPodに落としてヘッドホンで聴くことにするが、な〜んか、進んでる様で逆に手間がかかってるよなぁ。
デジタル機器ってのは、確かに便利でスゴイんだが、人間の労力はあんまり軽減されてない気がする。
まぁ、私の持論として「パソコンは人間の仕事を増やす道具」というのがあるから、そこは我慢するべきなのか。
posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

ジャッキー映画にスタントマン説

「ジャッキー神話崩壊か!?」などと書かれているが…。

いや、あの。
ちょっと詳しいファンなら、そんな事とっくに知ってるんですけど…。
有名なあのシーン、このシーン、そう、そのシーンも、スローで観たら実は別人ですよ、と。

まぁ、彼の場合は監督も兼任することが多く、カメラテストでは必ず吹き替えのスタントマンが演技をしているわけで、自分のアクションと較べてそっちの方が見栄えが良ければそっちの画を使う事も頻繁にあるそうな。
最初からジャッキーが危険なアクションを人任せにしているわけではないし、本人が言っている様に、彼の功績が失われることはあるまい。

もっと言えば、「使わない」と公言していたこともあるワイヤーだってよく使ってるし、カメラの早回しなんかもお約束である。
そのあたりはご愛嬌だろう。
身体を張って映画を撮ってるのは確かなんだから、細かい事言わずに楽しめば良いんじゃないの。

あ、ちなみに私、ジャッキーの大ファンです。
posted by Kei at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

人を呪わば穴二つ

…と言うわけでもあるまいが、昨日、散々悪態をついたバチがあたったみたいで、今日は昼から頭が痛い。
ちょっと熱もある。

やはり、人間というものは慈愛に満ちた生き方をしなければいかんのだなぁ、と痛感させられた。

右の頬を打たれたら左の頬を…。
艱難辛苦を我に…。

熱のせいか、宗教じみてきやがったぜ。。。
posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

厭世思想

今日は朝っぱらから腹の立つ事ばっかりだった。
月曜日だってのにとんでもない。

自分で言うのも恥ずかしいが、私は童顔で優しそうな顔をしているので、周りにいる人でさえ「あんまり怒りそうにない」と思っている。
ところが実は気が短い。
普通なら不機嫌な顔を見せ難い会社の上司とかにも平気で嫌な顔を見せるし、思ったこともズバズバ言ってしまう。
パッと見は大人しい優等生タイプなので、結構ビックリされる。

で、今日は腹の立つ事の連続だったので、とうとう夜にやっちゃいましたよ。
薬局で。

支払いをしようとレジに行ったら、レジが一つしか稼働していない。
遅い時間にしては結構な客がいたので、当然、行列ができる。
店員が一人なら別に怒る事もないのだが、その横のパソコンのところに男の店員が二人もたむろして、ヘラヘラしながらくっちゃべっている。
当然、列に並ぶ我々の姿は目に入っている位置である。

ここで、とうとうブチっと。。。

まぁ、詳細は省くが、まったく常識の無いヤツが多過ぎるんじゃないか、この世は。
posted by Kei at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

成果報酬主義

成果報酬主義というのが流行りらしい。
これまでの「年齢が上に行けば給料が上がる」から「成果を出せば給料が上がる」に変えようという動きだ。
ま、アメリカのマネである。
私はこれにはあんまり賛成ではない。

確かに「年齢がいっている」あるいは「勤続年数が長い」というだけで仕事も出来ない(しない)のに高い給料をもらっている人がいるのは確かで、それが有能な若手のやる気を削いでしまう弊害があるのは事実であろう。
ある一定以上の地位や役職にいる人物には一部適応しても構わないかと思う。
だが、それ以外の一般社員、特に40代半ばぐらいまでは用いるべきではない、というのが私の持論だ。

この成果主義、基本的には「減点主義」がまかり通っている気がする。
経営者はきれい事を言うが、要は人件費を抑えたいがために導入をはかる例が多いはずだ。
私が最初にいた会社がそうだったから言うわけではないが、経営者というものは何かにつけて「お前はこれが出来なかったんだから、給料もこれだけだ」という言い方をすぐする傾向が強い。
そうなると社員は「必要だが手柄にならない仕事」は避け、「目に見えて成果が出そうな仕事」ばかりに手を付けることになる。
減点が怖いから、リスクのある仕事からも逃げるだろう。
これでは会社は伸びない。
社員同士の責任のなすり合い、手柄の獲り合いも生まれよう。
地味にコツコツ頑張るタイプの人間は、能力を発揮する前にドロップアウトする可能性も高い。
だいたい、成果主義を導入するには社員の自己評価が必須だが、これがまた一仕事で、いらない手間が業務に発生して非効率的である。

「長く頑張れば給料も上がる」という事実は、実は組織の底辺を支える若い人員のやる気を促す非常に重要なファクターだと思うのだが、それをみすみす捨て去るのはリーダー論的にどうだろう。

もっとも、私が一番腹が立つのは、こういった成果主義で人件費を合理化しようとしている連中が、かつて年功序列主義の恩恵をたっぷりと授かった世代であるという事実なのだが。
posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

Happy Birthday! アトム

atom.jpg4月7日は、鉄腕アトムの誕生日。
2003年生まれだそうな。
ということは、今ごろ人知れず、正義の為に戦っているのだろうか?

戦うと言えば。
グダグダの都知事選は日曜日が投票日だなぁ。
個人的には、誰でも彼でも立候補すりゃあ良いってもんじゃないだろ、と思ってるんだが。。。


posted by Kei at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

残弾カウンター

今月は非常にお金が苦しい。
通勤定期が切れる寸前だということをコロッと忘れており、それを買ったら、もはや銀行口座の残高は限りなくゼロである。

なのになのに。
今月は歓送迎会だのなんだので、まだまだ出費の予定がてんこ盛り。
月末には帰省も控えている。

結婚願望も結構だが、これじゃあ相手も捕まえられんよなぁ。。。
posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

最短距離

最近、ちょっと結婚相談所に興味がある。
いや、マジな話。

なんだかんだで、36歳の私。
彼女もいなければ結婚の予定もない。

これって、相当ヤバイんじゃないの〜!?

周りの人間は「男は40でも大丈夫」とか「全然焦らなくてOKでしょう」とか無責任極まる発言を気軽にしてくれるが、所詮は他人事である。
これから相手を見つけて、結婚して、子どもを作り育てるのに、どんだけの時間とお金とエネルギーが要ると思ってるんだ?
家だってなんとかしようと思ったら、今30年ローンを組んでも払い終わるのは66歳である。
冗談ではない。
ましてや、年齢が上がるにつれて、女性にとっての私の価値はどんどん下降していってるのだ。

そんなわけで焦ってコンパなどにも積極的に参加しているが、私みたいに地味な人間は、瞬発力勝負のそういう席ではあまり相手にされないし、そもそも真剣味を持って参加して来る女性も少ない。
やはり、ここは一つ、明確に目的を絞った効率的な行動をとるべきではあるまいか?
正直、去年は不覚にもムダな時間を使ってしまったので、なおさらである。
独りぼっちで話し相手もない人生をこのまま続けるのはウンザリする。

ということは、やはり結婚相談所なのか。
行くしかないのか。
ん〜。。。
本当に、考えるだけじゃダメな年齢に入ってきてるからなぁ。。。
posted by Kei at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

捲土重来

ohayo.jpgしばらく前のこと。
大のお気に入りであった、オハヨー乳業の『自然で味わいのあるのむヨーグルト』が「店頭から消えた!」と嘆き悲しんだことがあった。

ところが、ところが。
今朝、いつもの様にセブンイレブンに行ったらば…。

見事、パッケージもリニューアルされて復活を果たしているのを発見!!

おおっ!
やるじゃねえか!
さすがオハヨー乳業!

とばかりに早速購入して、久々に飲んでみる。

あれ?
味が違う…。。。

以前の濃厚さが若干失われ、淡泊な味わいに。
良く見ると、パッケージには「甘さ控えめ」の文字が。

ん〜、私としては前の味の方が好みだったんだが…。
まぁ、復活してくれたんだから、この際よしとするか。

posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする