2020年09月23日

何にもしないシルバーウィーク

今回の連休は本当に何もしませんでした。
土曜日こそ、知り合いと夕食を食べに出かけましたが、それ以外はほぼ家。
本当は四国にツーリングに行こうかとか、尾道にラーメン食べに行こうかとか、おぼろげながら計画もあったのです。
しかしどうやらこの連休はどこも人手が多いらしい。
わざわざ出かけて渋滞や行列でイライラするのもよくないですからね。
まぁ観光地が賑わうのはよろしいことです。

それにしても、本当に何やって過ごしたんだろ?
別に映画を観まくったわけでも、読書に没頭したわけでもないのですが。
ぼんやりしていたら知らぬ間に日が経ってましたね。
私の脳もそろそろ終わりなんでしょうか。
posted by Kei at 02:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

ネット環境問題解決!

前々から、我が家が契約しているプロバイダ(DTI)の回線品質についてグチグチ書いていた私ですが。

要約すると、昨年、IPv6接続事業者がOCNのバーチャルコネクトに変更され、それを契機に混雑する夜間の通信速度が一気に低下したと。
場合によっては1桁Mbpsにまで落ち込むことさえあり、これじゃ高いお金を払って光回線を引いている意味がないではないかと怒り心頭だったわけです。
苦し紛れにWi-Fiから有線に接続を変えてみたりはしたものの、しょせんは焼け石に水でほとんど状況は変わらず。
前に一度プロバイダを変えたことがあり、その時に諸々の再設定やメールアドレスの各所への変更手続きが非常に面倒くさかったので、もうなるべくプロバイダはいじりたくない。

…これは事業者側が品質改善を進めてくれるのを待つしかないのか。

と半ば諦めの境地に達しつつ、それでもせめて同じ悩みを共有している人を見つけて、幾ばくかの慰みにでもしようとネットをつらつら見ているうちに、驚くべき情報を発見。

なんと、DTIのIPv6接続は、最近になってバーチャルコネクトから前と同じv6プラスに戻っているではないか!

私のように以前からIPv6接続を利用している契約者は、昨年の変更時から変わらず依然としてバーチャルコネクトなのですが、新規でサービス申し込みをした契約者はv6プラスが適用になっているようなのです。

ということは、ひょっとしてうちもお願いすればv6プラスに戻せるんじゃない?

と思ってさらに検索していくと、実際にそうやってv6プラスに戻した人のブログに到達。
どうやらサポートに電話すれば変更が可能だそうです。

ならば話は早い。
こんな亀回線とはとっととおさらばさ、とDTIのサポートに電話し、2日でサクッとv6プラスに戻りました。
変更手続き中は、一時的にPPPoE接続に戻りますが、私の場合は以前はPPPoEで接続していたので、特に終端装置(NTTのホームゲートウェイ)の設定などする必要もなくネットにつながっていました。
で、気がついたらホームゲートウェイのPPPoE接続ランプが消えていて、ちゃんとIPoE(IPv6)接続が確立していたと。

で、気になる回線速度ですが、夜間だろうがなんだろうが、まったく不満のない数値が出ています。
これは一番混雑するであろう土曜日の23時過ぎの測定値。
20091901.jpg
これだけ出れば、なんの文句もありませんよ。
いや、v6プラスは素晴らしい。

それにしても、DTIもこれだけ短期間でv6プラスに戻したってことは、まぁそういうことなんでしょうね。
しっかりしろよ、天下のNTT。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

南極の香り

もう先週のことですが、台風前にコーヒー豆を買いに呉のいつものお店に行きまして。
天気も良かったので、ついでに半島をぐるりと一周。

埋立地のずっと造成工事中だったエリアに新しい道ができ、何気にちょっと気持ちの良いスポットになっていたりして。
20091301.jpg
まぁすぐに工場が建ってしまうんでしょうが。

そのままいつもの潜水艦桟橋によって潜水艦見物。
20091302.jpg
ん。
あれ?

あのオレンジとクリーム色の船体は、『しらせ』ではあるまいか?

やはり艦番号5003は間違いないですね。
20091303.jpg

ネットで調べると、『しらせ』が南極へ出かけるのは11月から4月ぐらいらしいので、今はメンテや訓練、広報任務が主といったところでしょうか。
今年はコロナで船内公開はしていないみたいですけど。

ちなみに呉にいたのは数日だけだったみたいで、偶然見ることができてラッキーでした。
やっぱ船はロマンがあるなぁ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

静かな同居人

他の家はどうか知りませんが、うちの家は夏になるとクモがあちらこちらに出現します。
特に今年は梅雨明けから数が多い気がしていまして、気がつくと…。

床にいたり。
20082401.jpg

ソファの上にいたり。
20082402.jpg

時には天井にいることもあります。
クモは益虫だと思っているので、私の場合、家の中で見かけても種類や大きさを問わず放置です。
むしろ入浴中に見かけた時は、誤って流してしまわない様に気を使うぐらい。
まぁ大抵いるのは小さなハエトリグモですが、こいつでもゴキブリの幼虫ぐらいは食ってくれるらしいので、いても損はないかと。

それに中には人を恐れない個体もいて、テレビを観ているとニョロニョロと腕あたりに登ってくるのもいるんですよ。
じっくり顔を見ると、なかなか愛嬌のある動きをしていたりして、意外に可愛いもんです。

ただ、ハエトリグモは共食いをすることもあるらしいですね。
大量発生しないのは、そのせいなのか…?
posted by Kei at 00:24 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

夏バイクは死ねる

お盆。
木金と実家の片付けのために帰省していましたが、この土日は特に予定もなし。
予報を見ると出かけるのをためらう程の気温ですが、先週も乗っていませんでしたので、思い切って200キロほど走ってきました。

あまり行き先を限定しても暑さで参ってしまってはアレなので、加計まで行って、適当に温井ダムでも回って帰ろうかと漠然と考えながら出発。
が、お盆なのか車が多く、いつもは渋滞しない一本道で20分以上も渋滞にハマり、もうその時点で暑さで頭がクラクラする始末です。

このまま走ると危ない、と感じたので普段は休まない場所でいったん休憩。
20081601.jpg
念のためにと冷たいお茶を保冷ボトルに入れて来て大正解でした。

一息ついて走り出し、温井ダムへ。
20081602.jpg

続いてダム湖である龍姫湖の景色が美しい展望台に登ります。
暑いのか、人っ子一人いません。
20081603.jpg
この展望台からの秋の紅葉は素晴らしいんですよ。

ここから帰っても良かったのですが、せっかく暑い中来たのだからと、さらに北上してワインディングを久しぶりに堪能しまくり、初めて通る道で帰路へ。
20081604.jpg
まだアジサイが咲いてましたよ。

昼過ぎに「道の駅来夢とごうち」到着。
ここはいつ来ても人が多い上に休憩スペースが致命的に少なく、しかもあまりに暑いので、コンビニでおにぎりとお茶だけ買って駐車場横の木陰で立ち食いです。

わしゃ山下清か。

この時点で気温は33度。
もうたまらんと、帰りは一心不乱に走って家まで一直線。

梅雨が明けてからの気温の上がり具合は恐ろしいですな。
もうちょっと、本気で昼間のバイクは命にかかわりそう。

というわけで日曜の今日は家でおとなしくしています。
早く秋が来い!
20081605.jpg
posted by Kei at 16:00 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

LANを(一部)有線化

我が家のネットワーク環境は、回線契約はドコモ光(実質、NTTのフレッツ光)、プロバイダはDTIを利用しています。
昨年までこの環境でまったく不満なく使用していたのですが、昨年の秋頃だったか、DTIのipv6接続がOCNのバーチャルコネクトに切り替わるというアナウンスがあり、嫌な予感がしていました。

OCNはダメだよ…。

これまでの経験上、ネットワーク負荷が増大する時間帯のOCNがらみの回線品質の低さは痛感していたのです。
で、案の定、バーチャルコネクトに切り替わったのを境に、夜間の通信速度が一気に低下。
下手をすると一桁Mbpsにまで落ち込むことも。

ほら、言わんこっちゃない!

最近はそこまで酷くはありませんが、それでも15Mbpsを下回ることはしょっちゅうで、HDの動画を視聴している時に画質の低下が起こるのは珍しくありません。
ただでさえコロナや長梅雨の影響でイライラしているのに、これ以上ストレス要因を増やすなよ。

さてさて、先日、ひかりTV経由で録画した動画をブルーレイに焼けるレコーダーが発売されました。
我が家のひかりTVチューナーに接続しているハードディスクも、保存しておきたい動画がどんどん溜まってかなり容量を圧迫していて、これらをブルーレイに移すことはできないものかと以前から考えていましたので、これは嬉しい。
私の大好きな『シャーロックホームズの冒険』シリーズの全作品だけでも、たっぷり100時間近くはありますからね。
ちょうど1万円オフのキャンペーン期間中だったこともあり、速攻でそのレコーダーを注文しましたよ。

到着!
20080102.jpg

で、レコーダー設置を機に、動画視聴回りとPCのネットワーク環境を有線接続に切り替えようかと、昨日の夕方作業をしておりました。
これまではAirMacベースステーション経由のWi-Fi接続で運用していたのですが、有線にすれば少しは速度も上がるのでは?というプラシーボ効果への淡い期待も抱いてのことです。
(実際には、現在のWi-Fi機器の性能があれば、この程度の通信速度ではほとんど変わらないと思います)

うちのテレビまわり。
上段左から件のブルーレイレコーダー、ひかりTVのチューナー(その奥にハードディスク)、AppleTV、右下にPS3。
20080101.jpg
ちなみにAppleTVは、HuluやAmazonプライムビデオの視聴に使います。
そしてPS3は、今や単なる置物(今回は接続もしない)。
これに加え、隣のデスクに置いてあるiMacをすべてEthernetで接続するのが今回のミッション。

さすがにこれだけを繋ぐ数のLANケーブルは持ち合わせておりませんので、まずは家電量販店で買い物をいたしましょう。
肝心のスイッチングハブも買いませんとね。

買い物から帰ったら、早速テレビ台を引きずり出して背面に潜り込み、汗だくになりながら配線接続です。
まぁ今は昔と違ってLANの接続作業なんて簡単なものですけどね。
昔はケーブルひとつとってもストレートとクロス、2種類あったりしてややこしかったものですが。
機器も賢くて、端子に突っ込んで起動すれば自動的にネットワーク環境も設定されますし。

ということで、無事、有線化完了。
20080103.jpg

回線速度は、ま、ぶっちゃけ変わりません。
土曜(日曜)の午前0時過ぎでこの速度。
20080104.jpg
ん〜、もっと早い時間(20時から23時くらい)でもこれぐらい出れば文句はないのだが…。
(ちなみにトラフィックが少ない時間帯だと400を超えることもあったりする)

それより気になるのは、最近テレビの調子が今ひとつなのです。
オッサンにしてみたら買ったのはつい最近の様な錯覚を覚えますが、実際にはもう15年近く使ってますからね。
しかし、これが壊れたらえらい出費だぞ、おい。
posted by Kei at 01:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

YZF-R3第一期近代化改修計画-1

R3さんに久しぶりにオプションパーツを取り付けました。
私は基本的に(特に走行関係において)バイクはノーマル派なのですが、最近になって気になるパーツがヤマハから登場し、どうせまだまだ乗るんだからと装着してみたのです。

それがパフォーマンスダンパーというもの。
20071901.jpg

これ、どんなパーツかと言うと、ちょっと説明がしにくいのですが、メーカーの謳い文句としては「振動を抑え、乗り心地、ハンドリングを向上させ…」とあるように、要はフレームの変形速度を抑える制振ダンパーと思えば良いと思います。
二輪以前に四輪で商品化され、レクサスなどのトヨタ製高級車を中心にオプションとして用意されているみたいですな。
バイクだと、既にセローでは「必須パーツ」と言われているとかいないとか。

R3に特に大きな不満はないのですが、確かに高速走行時の微振動や風による乱れはちょっと気になっていた部分。
それが改善されるならば、と思って春ぐらいからちょっとだけ気にしていました。
なんせ、私にはそれなりに高価なパーツなものでね。
で、最近になってちらほらとR25やR3に装着した方のインプレが出回るようになりまして、そこそこ効果も実感できそうだったので思い切って装着したわけです。

取り付けて最初の印象は「横風に対する耐性がかなり上がった!」です。
ショップから家までの途中に高架道路があるのですが、そこを走っている時に割と強めの横風を食らっても、以前とは安定度が全然違いました。
また、路面の荒れに対する挙動の変化も、確実に実感できるぐらいに抑えられている印象。

てことで、より効果の程を確かめるべく、土曜日はいつもの八千代湖へ。
20071902.jpg
豪雨の爪痕が増水時の水位線となって残っていますな。

パフォーマンスダンパーのざっくりとした印象は最初と変わらず。
やはり外乱に対する耐性による直進性の向上が最も大きなところです。

振動は、どうなんだろ?
元々R3は下道レベルではそんなに気になる程の振動はなかったしなぁ。

これは高速道路を走ってからになりますかね。
ただ、なんとなく以前に比べて音が静かになった(相対的に耳に届くロードノイズが大きくなった)、という気がするのですが、これは本当に気のせいなのかどうなのか。

帰りはいつもの道の駅でいつものカレーを。
20071903.jpg

これが普通に食べられるというだけで嬉しいですが、また再流行の兆しもあるみたいで、予断は許しませんね。
まったく、いまいましいウイルスめ。
あの国はロクなことせんな。
posted by Kei at 00:40 | Comment(0) | YZF-R3カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

竹原へ

本日の部分日食。
皆さまはご覧になられましたでしょうか?
私もさっきからサングラス3枚重ねで見ているのですが、あいにくと広島市は薄い雲に覆われていて、なかなかハッキリと分かりませんな。

しかし夏至に日食とか、偶然とは言え、なんだかちょっと不気味だ…。
天変地異でも起こらなければ良いのだが。
ああ、天変地異ならもう起こってるか。

さてさて、昨日に引き続き、本日はお気に入りの竹原まで行ってきました。

竹原と言えば、やはりここからの写真。
20062101
もはや定点観測です。

やはり観光客は多くはないです。
まぁここは以前から割と静かな観光地ですが。
20062102.jpg

以前、ちょっとお世話になった方がやっているお好み焼き屋さんで食事して行こうかと思っていたのですが、コロナの影響で客席を離しているためか、店先に順番待ちの人が結構いたので諦めました。
まぁお客さんが来ているなら結構なことです。

帰りに日の丸寫眞館の前にて。
20062103.jpg

帰路は途中まで国道2号を走り、東広島でお気に入りのうどん屋さんに寄ってから高速に乗って帰りました。
さあて、日食観測の続きをしよう!
posted by Kei at 17:00 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

三瓶山へ

土砂降り続きの今週でしたが、週末は晴れ予報の中国地方。
たまにはいつもよりちょっとだけ遠くに足を伸ばしてみましょう。
県またぎの移動も解禁されたことですし。
(何をどういう根拠で禁止していたのか、今一つ腑に落ちませんが)

ということで、去年も行った三瓶山へ。

もう夏でしょ。
ってことでメッシュジャケットで出発したのですが、午前中は曇って日差しもなく、走行風を浴びている間は寒いという落とし穴が。
北上するにつれて高度も上がりますので、気温もさらに下がります。

くそー、革ジャンで来るんだった。

梅雨時の服装は難しいですな。
なので予定していなかったトイレ休憩を一回挟み、2時間半ほどで三瓶山の麓に到着。

遠く日本海を望むの図。
20062001.jpg
この頃になると少し雲も薄らいできました。

三瓶山高原道路は、去年来た時よりも通行が少ない印象でした。
すれ違うバイクも少ないし、やっぱコロナの影響なんでしょうかね。
なんていまいましいウイルスだ。

西の原の休憩スポットに到着。
20062002.jpg
新緑が美しいですな。

昼を過ぎるとだんだんと日差しが戻り、気温も上がってきました。
が、私の方はそろそろお腹が空いてきた感じ。
前回はコーヒーを淹れて楽しみましたが、今回は何の用意もしていませんので、素直に帰路に着きます。

また来るぞ!
20062003.jpg

帰りは北広島のいつもの道の駅でビーフカレーを食べてから帰還。
この650円のカレーが食える日が戻ってきたのが実に嬉しい。
色々ありますが、腐らず、他人を攻撃せず、前向きにいきましょう。
posted by Kei at 19:03 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

梅雨が来る前に

いまいましいコロナのおかげで私の勤め先も出勤が一日おきとなりまして、下手をすると週に5日も休みとなってしまいました。
週休5日とはなんて優雅な!とお思いでしょうが、さにあらず。
1日休んで次の日は溜まった仕事をガーっと片付けて、また次の日は休み、なんて繰り返しているとバイオリズムを保つのが難しく、思った以上に体がだるいです。

消防士さんの気持ちが分かるよ。

しかも平日は「休業」とは言いながら、結局はメールや電話への対応、下への手配など頻繁にしなければならないわけで、うかうかと遊びに出かけるわけにもいきません。
そもそも給料が減るので、遊ぶ原資もないんですけど。

そんなことで、心おきなく遊べるのは結局週末になるわけでして。
梅雨に入る前にバイクに乗っておきましょう。

本日、訪れたのは「井仁の棚田」。
20060701.jpg

家で使っている中国電力のカレンダーの今月ページで紹介されていたのに興味を惹かれて、ちょっと前から行こうと思っていたのです。
本当なら田植え直前の、水田に水が張っただけ、の時がベストだったんでしょうが、まぁそれでも新緑が映えてなかなかの景色でした。
山がちな日本には棚田が多くて、ここに限らずツーリング途中には春夏秋冬、美しい風景を楽しませてくれます。
原風景ってやつですな。

しかし、こうやって山の斜面に苦労して田んぼを作らなければ生活できなかったなんて、やはり日本は平らな土地の少ない国なんだなぁと思い知らされます。
今ある平野部も、多くは干拓や埋め立てによって作られた土地ですしね。
そりゃ土地代も高くなるよ。
posted by Kei at 17:01 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする